Category : スタッフBLOG

セルフローダーとはどんなトラック? セーフティーローダーとの違い

クルマ社会の現在、新車、事故車、建設重機などを運搬する車両のニーズが高まっています。セルフローダーは、こうしたニーズに応える特殊車両で、車体前部を持ち上げて車体を傾けて、車両を搭載します。セルフローダーには独特な特徴があり、運転する時にも注意が必要です。また、似た車種のセーフティーローダーとの違い、セルフローダーの選び方、中古のセルフローダーを購入する時の注意点、おすすめの中古トラックについても解説します。

セルフローダーとは?

セルフローダーとは、建設重機や車両を運搬するトラックのことです。車両を傾けるジャッキを装備する特装車両で、主に中型免許や大型免許で運転できます。

ジャッキで車体を傾斜

セルフローダーは、運転席後部の大きなジャッキで車体を傾けて、運搬する重機や車両を積み込む仕組みになっています。ジャッキはクレーン付きのトラックが装備するようなハイジャッキタイプで、クレーン付きトラックのハイジャッキに比べると、はるかに高くまで車両の運転席部を持ち上げることが可能です。

歩み板のスロープで車両を積載

車両の運転席部が持ち上がると、反対に後輪を支点にして後部は下がるので、スロープのようになだらかになります。ただ、運転席部を最大まで高くしても車両の荷台部分は地上に届かないので、歩み板などと呼ばれる板をスロープ下部に置く必要があります。

自動的に下がる自動歩み板を装備した車両もあり、リモコンなどで作動させることができます。この歩み板により、重機や車両を荷台に積み込むことができます。積み込んだ後、歩み板は立てて収納します。その後、車体の傾斜を元に戻して車両などを運搬します。

建設重機、新車、事故車などを運搬

セルフローダーを使って運搬できる車両はいろいろとあります。よく運ばれるのは建設重機で、公道を走行できないホイールローダー、ブルドーザー、フォークリフトなどです。

また、ピカピカの新車が車両で運ばれている光景をよく見かけますが、新車もセルフローダーで運搬できます。

その他、車検が切れた車両、事故車、レース用の車などはもちろん公道を走ることができませんので、必然的にセルフローダーで運ぶことになります。

小型、中型、大型などがラインアップ

さまざまな種類の大小の車両を運搬するために、セルフローダーには、最大積載量によって、2トン前後(小型)、4トン前後(中型)、10トン前後(大型)などのタイプが用意されます。ウインチを搭載したものもあります。

登録は車載専用車

登録は車載専用車となります。リアのオーバーハングは車両のホイールベースの3分の2までで、荷台に穴が開いていることなど車両以外の運搬物を簡単には積めないような構造が必要です。

セーフティーローダーとは?セルフローダーとの違い

セーフティーローダーは、荷台がスライドして傾斜したり、荷台自体を下げたりして、車両を積み込むトラックです。セルフローダーに比べると傾く角度が浅く、より安全(セーフティー)に車両を積み込むことができるので、セーフティーローダーと呼ばれるようです。

セルフローダーとの違い

セルフローダーは、運転席後部の大きなジャッキで車体後部を傾けて、車両を積載しますが、セーフティーローダーは、トラックの荷台自身が油圧でスライドして傾き、地面に向かっていく構造になっています。そのスロープを利用して車両を移動させ積載します。

スロープの角度が浅いので、特に大きな車両を積み込むときなどは、セルフローダーより安全と言えます。

荷台、ウィンチなどさまざまなタイプ

セーフティーローダーには、いくつかの種類があり、レッカー的に荷台そのものが下がって地面に降りて平行になり車両を積載できるアンダーリフト機能を備えたタイプ、大型のエアサスペンションを備えたタイプ、ウインチ、クレーンを装備したタイプなどがあります。

後方にスペースが必要

荷台を後方にスライドさせて掲載するタイプの場合は、荷台が後方に伸びますので、積載の時に後方にスペースが必要になってきます。スペースが少ない事業所などの場合は、寸法に注意して車両を選んだほうが良いでしょう。

セルフローダーを運転するときの注意点や必要な資格や免許

セルフローダーは、見ての通り非常に大きな車両のために、取り回しが難しく、ハイジャッキ、歩み板、ウインチなどの操作も必要ですので、運転にも慎重さが求められます。必要な免許や資格もあります。

セルフローダーを運転するときに必要な免許や資格

セルフローダーは、持っている免許の種類によって、運転可能な車両の重量と最大積載量が異なってきます。

免許の種類 車両重量 最大積載量
普通免許 5t未満 3t未満
中型(8t)限定免許
(H19.6.2以前取得の普通免許)
8t未満 5t未満
中型免許 5t-11t 3t-6.5t
大型免許 11t以上 6.5t以上

さらに、走行が不能になった事故車などを巻上げ機(ウインチ)のワイヤーで引き上げる場合は、巻上げ機(ウインチ)運転者の資格が必要になってきます。

この資格は、2日間の学科と実技の巻上げ機(ウインチ)運転特別教育を受講すれば取得できます。テキスト代を含めて約15,000円かかります。

セルフローダーを運転するときの注意点

運搬する車両の長さ、スロープにかける歩み板の長さ、それにセルフローダーの取り回しも含めて余裕を持たせた長さのスペースを確保しなければなりません。

そのスペースにセルフローダーを運転して確実に駐車し、ハイジャッキを上げて作業を開始しましょう。

車両、重機のはみだしに注意

積み込む建設重機の重さ、大きさによってはさらに大きなスペースが必要となってきます。

また、セルフローダーに車両や建設重機を積み込んだ後は、セルフローダーの荷台から運搬する車両、重機がはみ出しているかどうかをよく見る必要があります。

セルフローダーの荷台の長さに対して10%以上はみ出す場合は、制限外積載許可が必要です。出発するところの管轄の警察に必ず申請してください。これを怠ると交通違反になる可能性が出てきます。

カーブ、駐車などの運転に注意

セルフローダーは長さのある車両ですので、カーブを曲がるときは特に注意が必要です。もちろん、基本はトラックですので、トラックの大型、中型を運転するときと同じですが、荷台が特に長いので長さを正確に把握しておきましょう。

狭いカーブ、急なカーブを曲がるときには切り返しも大切な操作です。

バックで事業所に入るときも同様です。

車両の高さを正確に把握

普通のトラックに比べて高さがある場合が多いので、高架道路の下、歩道橋の下、トンネルなどを通過するときは注意しましょう。

高さの数値を正確に把握しておく必要があります。

セルフローダーのベースとなる中古のトラックを
購入時のチェックポイント

セルフローダーは、新車の場合、大変高価で納期もかかりますので、中古トラックの購入を検討したほうが良いと言えます。それでは、中古のセルフローダー車を甲に有する場合のチェックポイントを説明していきます。

車両の年式

セルフローダーは、特殊車両と言っても、ベースは一般的なトラックです。中古トラックの選び方も一般な中古トラックと同様なところを注意します。

まずは乗用車などと同じく年式のチェックです。年式はもちろん新しいほどいいですが、その分、車両価格も高くなります。

新しい年式の排ガス規制対応車両ですと、エコカー減税の対象となり、ランニングコストがだいぶん抑えられることもあります。

走行距離

中古トラックも一般の乗用車などと同じく走行距離も重要です。年式の割に走行距離が多い場合は車両が酷使されているかもしれません。中古のトラック販売店で聞くことができれば、主にどんなものを運搬する用途で使われていたか確認しましょう。

中古トラックは、乗用車に比べると走行距離がかなり多くても大丈夫ですが、少ないのに越したことはありません。

最大積載量

主に何を運搬するかにより、最大積載量を考えなければなりません。大型の建設機械などを運ぶ場合は、かなりの積載量が必要になります。

セルフローダーは元の荷台、ジャッキなどの装備が重いため、普通のトラックに比べて、車両総重量に対する最大積載量が小さめになっています。

大型、中型などのチェックだけでなく、検討する中古トラックの最大積載量を必ず聞いておきましょう。

ジャッキ・自動歩み板、ウィンチなどを動作確認

セルフローダーは、運転席部を持ち上げる心臓部のハイジャッキの状態が一番大切です。重量のある車両前部を持ち上げますので、実施に伸縮部を作動させて、錆の状況や、ガタツキがなくスムーズに動くかなどをチェックしましょう。

また、自動歩み板、ウインチなどを装備する車両の場合は、それらも作動させて確認する必要があります。

メーカー、デザインなどに注目

一般トラックと同じく、セルフローダーでも中古のトラック市場で人気のあるメーカーやモデルを調べる必要が出てきます。さまざまなデザインのものも用意されています。

日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうなどから、いくつかの車両が発売されていますので、中古トラックの販売店で実車を見て選ぶと良いでしょう。

おすすめの中古セルフローダー車2選

各メーカーの中古トラックの市場で人気のある車種を紹介します。。

いすゞ エルフ

エルフは、いすゞ自動車のトラックとして60年以上の長きにわたり、生産されています。派生型トラックのベースとなる車両で、小型クラスから中型クラスまでさまざまなモデルが用意されています。

ラジコンウインチ、省スペースモード・低スロープモード切替などの機能を備えたタイプがあるのも魅力です。

日野自動車 プロフィア

プロフィアは日野自動車が展開する大型トラックです。1992年に登場、特に大型で居住性も高いです。大型トラックとして、さまざまな派生シリーズがあります。

元が大型車両なので、セルフローダーとして最大積載量が10t以上のタイプも用意されていますので、多くの車両を運ぶのに適しています。

まとめ

このようにセルフローダーは、多くのメーカーから製造販売されており、それらの中から目的に合った車種を選ぶことができます。

運搬するのは建設重機か事故車か新車か、一度に何台ぐらい運ぶか、などによって、装備品、最大積載量を決めなければなりません。

おおよその車種が決まったら、中古トラックの販売店を回って、年式、最大積載量を考えながら目的に合う車両を探しましょう。それほど多く中古トラックの市場に出回る車種ではありませんので、気に入った車両があれば早めに予約した方がいいでしょう。

もちろん、最重要部のジャッキのチェックを怠らず、歩み板、ウインチなどの装備品があれば、これらの状態もよく確認してからセルフローダーのベースとなる中古トラックを購入する必要があります。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


アルミウイングとはどんなトラック?

アルミウイングとは、日本の物流を支えるトラックの1種で、荷台が軽量でありながら堅牢なアルミパネルでおおわれています。運送業者、引っ越し業者などで利用される一般的によく目にするタイプです。パネルが横に開くので、荷物の積み下ろしが簡単に行え、荷台のギリギリまで荷物を積載できます。大切な荷物を雨風やほこりから守りながら確実に運ぶことが可能です。今回はアルミウイングの特徴や中古でオススメのトラック、中古トラックを購入するときのポイントを紹介していきます。

アルミウイングはどんなトラック?

アルミウイングとは、文字通り軽量で耐久性のあるアルミニウムのパネルで荷台部分をおおったトラックのことです。箱型になった荷台の側面のアルミパネルがパカッと全開し、荷物の積み下ろしが側面からできます。

側面のパネルは大きく上方に開くため、その姿が鳥の翼(ウイング)のように見えることから、アルミウイングと呼ばれるようになったようです。

荷物の積み下ろしが横から容易に行え、荷台の後ろの扉から積み込むのに比べて、きれいに並べてたくさん積み込むことができます。このため、運送業者、引っ越し業者、宅配業者などで便利なトラックとして重宝され、必要不可欠な存在になっています。

フォークリフトを使ってパレットに載せた荷物を効率よく積み込むことも可能です。

アルミウィングの種類

アルミウイングは、用途、積み荷、倉庫の大きさなどに合わせて、さまざまな最大積載量、ウイングの開く方式などが用意され、いくつかに分類されます。

最大積載量は、2トン、4トン、10トンなどがあります。

ウイングの開く方式は、ターンオーバータイプ、フレキシブルオープンタイプ、上昇開閉タイプなどがあります。

ターンオーバータイプは、側面のパネルが大きく開放されるタイプで、最大の場合180度近くまで開きます。かなり大きく開くため、クレーンやフォークリフトを使って、荷物を積み込むのに適しています。

フレキシブルオープンタイプは、側面パネルがいろんな角度や向きで自由自在に開くアルミウイングです。開き方が細かく調整できるので、大きなスペースを取れない倉庫などでの積み下ろし作業に便利です。

上昇開閉タイプは、天井のアルミ扉が上昇する機構になっていて、荷台の寸法ギリギリの高さの荷物を積み込むことができます。

アルミウイングの魅力

アルミウイングは、幌付きのトラック、平型の荷台で屋根がないトラックに比べてさまざまな利点があります。

悪天候に強い

荷台が丈夫なアルミパネルでおおわれているため、雨、風、直射日光、ほこりなどから大切な荷物を守ることができます。

幌で荷台をおおったトラックのように、隙間からほこりが入ったり、風で荷物が飛ばされたりする心配がありません。

そのため、天候が途中で変わる可能性のある長距離輸送でも安心できます。

様々な用途に使うことができます。
荷台がフラットにのため、上手に積み込みを行えば、かなり大量の荷物を積み込むことができます。
そのため、購入検討時に
「その時によってトラックの使用目的が異なる」
という場合は、平ボディに選択肢を広げてみることをおすすめします。

積載量を増やせるため輸送コストも抑えられる

アルミウイングは、荷台をおおうアルミ製のパネルが占める面積が大きいですが、アルミは他の金属に比べて軽いので、車両重量も軽くなり、その分最大積載量がアップします。

アルミウイングでない同じぐらいの車両重量のトラックに比べて、最大積載量が大きいので、荷物をより多く積めることになり、一度に大量に運ぶことができます。

結果として、燃料代、人件費など荷物の輸送コストが抑えられることになります。

積み下ろしが楽

パネルが上方に大きく開くため、横からフォークリフトを使って効率良くパレットに置いた荷物の積み下ろしができます。後方の扉も開くので、いろんな方向から荷物を隙間なくきれいに並べて積み込むことができます。

後方の扉だけのトラックの場合、奥から順番に積み込んでいき、下ろす時も扉に近い方から下ろさなければなりません。宅急便トラックなど下ろす順番が違う荷物がある場合は、アルミウイングでないと大変不便で使い勝手が悪くなります。

箱型のバントラックと同じように、車両の後部や側面に上下するパワーゲートを付けることもできさらに荷物の積み下ろしが容易に行えます。

高級品などデリケートなものまで運べる

箱型になっていて、ギリギリまで詰めて荷物を積み込めるので、側面や天井に緩衝材を挟んで荷物を固定することができます。揺れてすれたりすると傷みやすいメロン、モモ、ブドウ、イチゴなどの果物、魚などの食材、高級な家具、装飾品、電気製品などデリケートな荷物の輸送に適しています。

エアサスペンションタイプであれば、工作機械、切削機などの機械類、精密部品、壊れやすい製品なども衝撃を吸収して安全に運ぶことが可能です。

女性でもウィングを自動で簡単に開閉可能

アルミウイングの荷台の開閉には、電動モーターや油圧を使用します。モーターなどの装置の分だけ、アルミバントラックより車体が重くなり、最大積載量が少なくなりますが、重い扉の開閉を手動で行わなくても良いため、女性や年配のドライバーでも簡単に操作できます。作業が大幅に軽減化されます。

アルミウイングを安全に使うために必要なメンテナンス

アルミウイングは、荷台に複雑な開閉機能を持つ、パネルを備えているため、正常に稼働するよう、日ごろからメンテナンスが必要です。

故障がないかどうか定期的に点検する必要もあります。また、中古トラックを購入する時も、中古トラックの購入前に稼働する箇所などをよく見ておかなければなりません。防水、防じんの点検も不可欠です。

開閉の点検

一番重要なのが、アルミウイングが正常に開閉するかどうかの点検です。ウイングの開閉は通常、電動モーター、油圧機構で行っているので、これらの点検が必要となります。

油圧機構は、オイル交換を定期的に行い、モーターは異音がしないかなどをチェックします。

また、アルミウイングの跳ね上がる側面パネルは、アルミが軽いといってもパネル全体ではかなりの重量があります。そこで、しばらく上げたままにしておいて、下降しないかどうかを点検しましょう。

10分ぐらい上げておいたあと、パネルが数センチ下降したなら、油漏れや油圧系統に異常があるかもしれないので、点検整備が必要です。

防塵防水を保つための点検

アルミウイングの特徴の一つであるアルミパネルによる強じんな防塵、防水性の点検も欠かせません。パネルに破損がないか、シールゴムに破れがないかをよく見て正確に点検しましょう。

ちょっとした破損からでもほこりや雨が侵入して大切な積み荷が傷むことがありますので、破損や破れが見つかった時は、新しい部品に交換して、直ちに修理してください。

走行距離、年式に応じて定期的に点検

アルミウイングは、アルミパネルで覆われたトラックの一種ですので、一般的なトラックと同様に、走行距離、年式に応じて定期的な点検が必要です。もちろん車検も必要です。

トラックは「貨物自動車」ですので、8トン以上の貨物自動車の場合、車検の有効期間は初回、2回目以降とも1年です。8トン未満の貨物自動車の場合は初回2年、2回目以降は1年ごとに、車検を受けなければなりません。

乗用車と同様に、整備車検を行う場合は、ディーラーや整備工場に定期点検整備と検査を任せて車検を受けます。

走行距離が増えて年式が経つほど、部品代や工賃などの費用がかかってきます。

しかし、安全に運行して荷物を運ぶためには必要なものなので、しっかりと受けておきましょう。

中古トラックを購入するときのチェックポイント

アルミウイングを新車で買うとかなり高価になってしまいます。そのため、中古トラックでの購入を検討している方もいるかもしれません。

アルミウイングを中古トラックとして購入するときのチェックポイントをご紹介していきます

ベース車両の車両区分と積載量

探しているモデルのウイングボディーが求める車両区分でなく、保有免許によっては運転ができない場合もありますので、確認しましょう。

また荷室重量の増加やゲートなどで最大積載量が減少してしまいます。場合によっては通常の平ボディよりも積載量が少なくなることもあるので注意してください。

ウィングボディー車のチェックポイント

まずは、ウイングボディー車の荷室の全長・全幅・全高を確認しましょう。また外装や搭載する装備の動作確認も行い、後で動作不良や雨水の侵入などがあってメンテナンス費用が余計に掛かったということがないようにしましょう。

おすすめの中古のアルミウイングトラック7選

アルミウイング車は、他のトラックと同様にさまざまなメーカーが、特徴ある車種を発売しています。新車で購入するとなると、かなり高価で納期もかかりますので、中古トラックの購入を検討したほうがいいでしょう。中古トラックの販売店でさまざまなタイプが販売されています。現在はネットでもいろいろ中古のトラックを探すことができます。

代表的なトラックメーカーとしては、いすゞ自動車、三菱ふそう、日野自動車などがあります。

また、アルミウイングのボディのメーカーとしては、パブコ、日本フルハーフ、日本トレクス、東邦車輌、トランテックス、小平産業、北村製作所、山田車体工業などがあり、トラックメーカーにアルミウイングを提供しています。このなかでおすすめの中古トラックを7つ紹介していますので是非ご参考にしていただければと思います。

日野自動車 プロフィア

プロフィアは日野自動車が展開する大型トラックです。1992年に登場、特に大型のタイプで、居住性も高いです。大型トラックとして、さまざまな派生シリーズがあります。

アルミウイング車は、低床式、ハイルーフタイプ、後輪エアサスなどが用意されます。格納式パワーゲート、リターダ付き、バックアイカメラ、ETC付きなどの仕様の中古トラックがあります。

日野自動車 レンジャー

中型トラックは1962年8月に販売開始され、 1964年にネーミング決定以降幾度かの改良をかさせた「レンジャー」は2017年に16年ぶりに全面改良した。 ダウンサイジングした新型5.1Lのエンジンでは4種類の馬力が揃う。新型トランスミッション・PCS(衝突回避支援システム)・車線ふらつき警報・車線逸脱警報・VSC(車両安定制御システム)を導入。 「新型プロフィア」同等の安全装備をすべて標準装着し安全性を向上させた。

また、ダカール・ラリーに「レンジャー」が参戦し、トラック部門総合で好成績を収めている。

いすゞ自動車 ギガ

いすゞ自動車の新型のギガは、新設計のハイルーフや高機能シートなどの採用により、大型トラックとしては高い居住性と快適性を実現しています。

また、車両が、コンディションや消耗品類の状態を自己診断して報告し、パソコンで確認できる機能があります。故障を未然に防止することができ、確実な補給や交換に役立ちます。

いすゞ自動車 フォワード

「フォワード」 – 前方へ、前進するといった意味で「車種構成の豊富さ」「仕事の発展」を願い、いすゞ初の中型トラックであるTY型の後継車として1970年に登場。モデルチェンジを経て2007年に発売された5代目が現行車種。 クリーンディーゼルシステムの「D-CORE」を搭載、さらに4HK1、6HK1という「ポスト新長期排出ガス規制」をクリアしたエンジンも搭載。 「スムーサーFx」というシーケンシャルマニュアルトランスミッション(クラッチ操作のいらないマニュアルトランスミッション)の採用により、動力を高効率で伝達させることで、力強い走りと抜群の省燃費性を実現している。

三菱ふそう スーパーグレート

新型のスーパーグレートは、車間距離保持機能付オートクルーズに停止・発進機能をプラスしたアシスト機能をベースに、さらに横方向の車両制御を追加しています。高精度のレーダーとカメラからの情報を的確に分析することで、高度な運転支援機能を実現します。

三菱ふそう ファイター

新型のファイターは、安全輸送のために、高度な予防安全システムを装備しています。また、快適な走りに加えて効率性・経済性も追求しています。4気筒車と6気筒車から選べて、ラインナップも豊富な中古トラックです。

三菱ふそう キャンター

三菱ふそうは、三菱自動車のトラック・バス部門が分離独立した商用車メーカーです。

キャンターは、三菱の小型トラックとして、50年以上販売されています。何度ものモデルチェンジで進化を重ね、各種トラックのベース車両として評判が高いです。

全低床、ワイド超ロングの荷台、バックアイカメラ付きなどの仕様車の中古トラックがあります。

まとめ

アルミウイングは、さまざまな荷物を運ぶシーンでオールマイティに使用できます。横から荷物の積み下ろしができるのが重要なポイントで、スペースさえ確保できればほとんどの荷物に対応できます。

アルミウイングはメーカーからさまざまな最大積載量のタイプ、装備、オプション品などが用意されていますので用途、予算に合わせて好みのタイプが選べます。

新型タイプでは、運転アシストなどの安全装置が搭載されていますが、中古トラックでも車両価格が高くなってしまいます。かといって旧型の中古トラックですと車両価格は下がりますが、年式が古く、走行距離が多くなっていることも多く、メンテナンス費のことも考えなければなりません。

高級品などを取り扱うときは、荷台に少しでも破損があると運べませんので、これらの点を考慮して、中古トラックの販売店をマメに回り、コンディションをチェックしながら、お気に入りの中古トラックを購入しましょう。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


おすすめの車両「まな板セミトレーラー」

「スタンション型」「フラットトレーラー」とも呼ばれるけん引用の荷台になりますが、名前の通り平坦な構造になっています。
現場への運搬が主な役割で、使用する場面としてはコンクリート製品・鋼材・木材をスタンション(支柱)で固定して運びます。

運送・建築材料の運搬で重宝される「まな板セミトレーラー」

まな板・トレーラーは冒頭でもお話しした通り、荷台部分がフラットなので大型の建築材料を運ぶ際に活躍します。
まな板の表面部分にいくつかの“穴”が存在し、その穴に必要な分だけ金属製の頑丈な支柱を差し込むことで、運搬する荷物が走行中に崩れないよう固定できるため運送・建築材料の運搬で重宝される車両となります。

【トラックランド】のピックアップ車両

中古のトラックやトレーラーを販売する【トラックランド】では、おすすめのまな板セミトレーラーをご提供します。
木材やコンクリート製品などを、まな板セミトレーラーでけん引されるなら、ぜひ当社でご用意しているまな板セミトレーラーをご検討ください。
今回ご紹介するまな板セミトレーラーは、東邦製・未使用のまな板セミトレーラーです。
ABS適合のバックアイカメラ(モニター無し)装備の高床仕様であり、シングル引きも可能。(※第五輪荷重は9,350㎏以上のものとする。)
荷台・上物は地上高114cm、スタンション42本付き(長10本・短32本)、床面は木で一部が鉄で仕上がっております。
まな板セミトレーラーのスペックについては、以下の情報を参考にしてみてください。

東邦車両 TF36H2C3 まな板セミトレーラー

・メーカー;東邦車両
・重量:大型
・形状:トレーラー
・年式;令和2年11月
・最大積載量:28,400kg
・車両総重量:36,000㎏
・サスペンション:リーフサス
・車検:令和3年11月10日 まで
・外寸:長さ1,212×幅249×高さ246
・内寸:長さ1,200cm×幅249cm×高さ

【東邦車両 TF36H2C3 まな板セミトレーラー】の紹介はこちら

中古トラックの販売・買取・レンタル・リースなら【トラックランド】

「仕事はあるけど現場で必要なトラック、トレーラーの数が足りてない!」
そんなときは、ぜひ【トラックランド】へご相談ください。
当社は、中古トラックの「買取」「販売」「陸送」「メンテナンスサービス」「リース」5つのサービスを柱に、ワンストップでサービスを提供しています。
仕入れの強みとマルチサービスを展開するグループ会社の強みを活かし、常時豊富な在庫を取り揃えており、在庫にない車両もお客様のご要望に応じて探すお手伝いなど「はたらくクルマ」全般の多彩なニーズにお応えします。
まな板セミトレーラー以外にも、バンセミトレーラー、ウイングトレーラーなど各種新車・中古トレーラーを取り揃えております。

トラックの販売・買取・レンタル・リース【トラックランド】

まとめ

今回はまな板セミトレーラーのピックアップ車両をご紹介しましたが、【トラックランド】では北海道、東北、関東、中部、近畿、四国、沖縄など全国に拠点を置いているため、幅広いエリアでお客さまをサポートできます。
まな板セミトレーラーの販売・買取だけでなく、ご希望であれば車両のメンテナンスやリースにも柔軟に対応可能です。
品質の良い車両を在庫豊かに取り揃えているので、お気軽に【トラックランド】へご連絡ください。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


おすすめの車両「クレーン付」

木材など積み下ろしで人の力ではどうにもならない重さのものを比較的容易に荷揚げ、荷降ろしできる点がクレーン付のメリットで、重量物運搬の現場ではとても役立つ機能を搭載しております。
クレーン付のもう一つの特徴として、クレーン車は特種用途自動車に区別されるので、ナンバープレートでは8ナンバーをつけなければなりません。
もしもクレーン付・トラックのご購入を検討中でしたら、後述の中古で販売されるクレーン付のピックアップ車両をお確かめになり、【トラックランド】へお気軽にご相談ください。

クレーン付・トラックの特徴とは

「クレーン付」はその名の通り、運転席後部(キャブ)にクレーンが標準装備されている特殊車両のことを指します。
クレーン付のトラックも3種類に分けられ、上述した「キャブの付近にクレーンが備わっているタイプ」「トラックの荷台に小型のクレーンが設置されているタイプ」「クレーン付で車両にジャッキアップ機能が備わっているタイプ」があるのです。

小型車~大型車によって積載量も変わっていきますが、それぞれで異なるクレーン付・トラックの特性を活かせば、運搬の効率化を図ることができるでしょう。
クレーン付・トラックは車体を安定させるための「アウトリガー」が備わっていますが、特にジャッキアップ機能のあるクレーン付・トラックは傾斜のある立地でも角度調整が可能で積み下ろし作業が行いやすくなる特徴を持っています。

クレーン付・トラックの操作にも免許が求められる

車両の運転では上記の各種運転免許の取得が必要になりますが、クレーン付・トラックの場合、「移動式クレーン運転士免許」も欠かせません。
これが無ければこの免許を持たずして操作をすると違法行為となってしまうため、資格は必ず取得しておきましょう。

おすすめの車両「クレーン付」のピックアップ車両

トラックランドは、点検・メンテナンス・清掃などしっかり品質管理を行った車両のみを出庫しており、拠点運送や工事現場でも高く評価されているクレーン付・トラックは、新車に限らず中古でも優れた性能を発揮してくれます。
もしもクレーン付車両をお求めなら、【トラックランド】で販売している「三菱ふそうスーパーグレート」「三菱ふそうファイター」のクレーン付をご検討ください。
新車ですが、ご参考までに以下で各車のスペックをお伝えしていきます。

三菱ふそう スーパーグレート 2PG-FS70HZ クレーン付

・メーカー;三菱ふそう
・車名:スーパーグレート
・重量:大型
・形状:クレーン付
・年式;令和2年3月
・最大積載量:12,500kg
・車両総重量:24,990㎏
・ミッション:AT
・サスペンション:リーフサス
・燃料:軽油
・定員数:2人
・車検:令和3年3月16日まで
・内寸:長さ882cm×幅234cm×高さ60cm

【クレーン情報】

・タダノ5段ブーム
・スタンション穴4対
・スタンション8本
・内フック13対
・ラジコン付
・2.93t吊

【三菱ふそうスーパーグレート 2PG-FS70HZ クレーン付】のご紹介はこちら

三菱ふそう スーパーグレート 2PG-FV70HZ クレーン付

・メーカー;三菱ふそう
・車名:スーパーグレート
・重量:大型
・形状:クレーン付
・年式;令和2年8月
・最大積載量:12,200kg
・車両総重量:24,940㎏
・走行距離:1,000km
・ミッション:AT
・サスペンション:リーフサス
・燃料:軽油
・定員数:2人
・車検:令和3年8月12日まで
・内寸:長さ881cm×幅235cm×高さ60cm

【クレーン情報】

・タダノ4段ブーム
・スタンション穴4対
・スタンション8本
・内フック13対
・ラジコン付
・2.93t吊

【三菱ふそうスーパーグレート 2PG-FV70HZ クレーン付】のご紹介はこちら

三菱ふそう ファイター 2KG-FK62F クレーン付平ボディ

・メーカー;三菱ふそう
・車名:ファイター
・重量:中型
・形状:クレーン付
・年式;令和2年8月
・最大積載量:2,100kg
・車両総重量:7,960㎏
・走行距離:1,000km
・ミッション:6速MT
・サスペンション:リーフサス
・燃料:軽油
・定員数:2人
・車検:令和4年8月12日
・内寸:長さ550cm×幅211cm×高さ40cm

【クレーン情報】

・メーカー:タダノ
・5段ブーム
・フックイン
・ラジコン付
・2.93t吊

【三菱ふそうファイター 2KG-FK62F クレーン付平ボディ】のご紹介はこちら

中古トラックの販売・買取・レンタル・リースなら【トラックランド】

中型~大型の中古のクレーン付・トラックが必要であれば、【トラックランド】にぜひご相談ください。
当社は、中古トラックの「買取」「販売」「陸送」「メンテナンスサービス」「リース」5つのサービスを柱に、ワンストップでサービスを提供しています。
仕入れの強みとマルチサービスを展開するグループ会社の強みを活かし、常時豊富な在庫を取り揃えており、在庫にない車両もお客様のご要望に応じて探すお手伝いなど「はたらくクルマ」全般の多彩なニーズにお応えします。
手続きに関する疑問や不明点もスピーディーにお答えしますので、ご連絡をお待ちしております。

トラックの販売・買取・レンタル・リース【トラックランド】

まとめ

クレーン付・トラックは種類ごとで活躍の幅が大きく変わりますが、積み下ろしや運搬も一手に引き受ける機能は、どんな環境でも役立つこと間違いなしです。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


おすすめの車両「高年式!アルミウイング」

運送業に従事される方にとって、中距離・長距離移動で使うトラック選びは非常に重要です。
トラックによって積載量も変わりますし、荷台に載せる物の規模や形状によっては“積み下ろしのしやすさ”も影響してくるでしょう。
そこでおすすめなのが、作業コストを抑えてくれる「アルミウイング」です。
側板が翼のように広がるアルミウイングなら、荷物の積み下ろしも簡単に行え、積載スペース全体をアルミ材質の箱で覆っているので荷崩れの心配もいりません。
もしも、中古アルミウイングをお求めでしたら、高年式・低走行車両・ディーラー点検記録簿付の「日野プロフィア」がおすすめです。
さまざまな業界でオールマイティに活躍している中古アルミウイングなら、どんな現場でも安心して運用することが期待できるでしょう。

アルミウイングの魅力

長距離の運送や屋外のイベントでも頻繁に使用される機会の多いアルミウイング。
アルミウイングを製造するメーカーごとで多少の構造に違いがありますが、輸送を主とする業種であれば、効率良く荷物を積み下ろしすることが可能になるでしょう。
ここからはアルミウイングの魅力についてお話ししていきます。

荷物が崩れたり雨で濡れる心配がない

アルミニウム素材で出来た箱を搭載しているので、起伏のある道路やカーブが多い道路を走行する場合でも積み荷が崩れて外に放り出されることはありません。
また、積載部分を露出しているトラックですと天候の変化で荷物が濡れたり汚れたりする可能性もあるが、アルミウイングなら荷物が濡れる心配がありません。

奥まで荷物を積みやすい

通常のトラックでは荷台の扉がトラックの後ろ側に付いている場合がほとんどですが、積み下ろしの際に重い荷物を積載スペースの奥まで詰めるのに時間がかかってしまう、狭い空間に人が閉じ込められてしまうなどのトラブルも生まれがちです。
しかし、アルミウイングならウィン部分側板を開放すれば後ろの扉からではなく、トラックの左右どちら側からでも積み下ろしが可能になります。
荷台は暗いために小さい荷物を見つけにくいこともしばしばありますが、フルオープンであれば明るい状態で安全に作業を進めることができるでしょう。

女性でも簡単にアルミウィングの開閉操作が出来る

近年では女性の大型トラックドライバーも増えてきており、効率良く荷物を運べるアルミウイングの需要も高まってきております。
トラックの運送に関して、大きな荷物の積み込み・搬入は力が必要で難しそうに感じますが、アルミウイングは電動モーターや油圧システムなどを操作するだけで簡単に開閉できるので、女性でも扱いやすい魅力を秘めています。

【トラックランド】の中古アルミウィングピックアップ車両

中古トラックの販売を行う【トラックランド】では、中古のアルミウイングをお求めの方向けに、平成31年式の日野プロフィアをご提供いたします。
リースアップ車両の大型アルミウイングをオススメいたします。
高年式・低走行・ディーラー点検記録簿も付きで、車検も付いているため即納可能です。
車両の特徴としては、「4軸低床」「ハイルーフ」「後輪エアサス」「リターダ付き使用車」。
上物・架装メーカーは「トランテックス」が手掛けており、木の床面に2段のラッシングレールが備わっております。
以下で詳しい車両スペックを掲載するので、ご参考ください。

日野プロフィア(2PG-FW1AHG)アルミウィング

・メーカー;日野
・車名:プロフィア
・重量:大型
・形状:アルミウイング
・年式;平成31年/令和1年4月
・最大積載量:14,000kg
・車両総重量:25,000㎏
・ミッション:7速MT
・サスペンション:エアサス
・燃料:軽油
・定員数:2人
・車検:令和3年7月1日
・内寸:長さ967cm×幅240cm×高さ269cm

【日野プロフィア(2PG-FW1AHG) アルミウイング】のご紹介はこちら

その他のアルミウィングはこちらから

中古トラックの販売・買取・レンタル・リースなら【トラックランド】

急なお仕事の都合で中古トラックが必要になった際は、ぜひトラックランドにご相談ください。
当社は、中古トラックの「買取」「販売」「陸送」「メンテナンスサービス」「リース」5つのサービスを柱に、ワンストップでサービスを提供しています。
仕入れの強みとマルチサービスを展開するグループ会社の強みを活かし、常時豊富な在庫を取り揃えており、在庫にない車両もお客様のご要望に応じて探すお手伝いなど「はたらくクルマ」全般の多彩なニーズにお応えします。
トラックランドでは、現金またはローンリースでの購入方法がお選びいただけます。

トラックの販売・買取・レンタル・リース【トラックランド】

まとめ

今回は大型トラックをお求めの方向けに、アルミウイングの魅力や、トラックランドで販売中のおすすめアルミウイングをご紹介しました。
中距離・長距離運送やイベントでも汎用性の高い、中古のアルミウイングをご希望でしたら、お気軽にトラックランドにご連絡ください。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


おすすめの車両「ウイングトレーラー」

物流業界で欠かすことのできないウイングトレーラーは、通常の平トレーラーと違って積み下ろしのしやすさ、荷物の安全性の高さが特徴的です。
荷台を露出せず荷物を効率的に積み込めることから、中距離・長距離を走行される方々から重宝されています。
広々としたスペースで大量の荷物を収納できるウイングトレーラーは、左右に開かれる側板の操作も容易なので、熟練のドライバーだけでなく、女性ドライバーの方でも安心して使用いただける魅力を持っているのです。
荷物の運送や積み下ろし、イベントでの使用、冷凍機の搭載など、ウイングトレーラーの用途はさまざまですが、トラックランドでは中古のウイングトレーラーでもご満足いただける使用感を味わえます。

ウイングトレーラーの持つ特徴

「ウイングトレーラー」の大きな特徴は、「荷物を積載するためだけを目的として作られたトラック」です。コンテナ型のトラック架装のひとつであり、広めの積載スペースを確保しながら左右の側板が上下に開閉する仕組みを持っています。
ウィングトレーラーは、平トレーラーのように走行中に積み込んだ荷物が投げ出される心配はありませんし、作業後にシートを被せる手間もかからないので、積み下ろしの工数を削減できるでしょう。また、積載スペースを有効活用しやすく、荷室内部で移動しやすいポイントがあるので、効率的な作業の実現や事故を防ぐ結果につながるでしょう。

ウイングトレーラーは「フルトレーラー」「セミトレーラー」の2つの形状に分かれ、拠点間輸送や配送など、さまざまな業務に対応可能です。

【トラックランド】のウイングトレーラーのピックアップ車両

中古のトラックを販売する【トラックランド】では、物流サービスで活躍できるウイングトレーラーをご用意しております。
ウイングトレーラーは荷物の運送に際して梱包作業も簡単に進められるほか、大事な荷物の落下物による破損被害を防ぐこともでき、天候の悪化で荷物が濡れてしまう事態を避けることができます。
上述した通り、無駄なく積み下ろし作業に取り掛かれるため、外部からの衝撃に弱くデリケートな扱いが求められる商品などを運ぶときはウイングトレーラーがおすすめです。
以下では、当社販売中の令和2年式の「2軸」「3軸」ウイングトレーラーのスペック情報をお伝えしていきます。

日本フルハーフ製 2軸 ウィングトレーラー(DFPTF341A改)

令和2年式の日本フルハーフ製ウイングトレーラー。
最大積載20.8tを誇り、総輪エアサスのリフトアクスル仕様となっております。

・メーカー:日本フルハーフ
・車名:フルハーフ
・重量;大型
・形状:トレーラー
・年式:令和2年10月
・最大積載量:20,800㎏
・車両総重量:29,630㎏
・サスペンション:エアサス
・車検:検査切れ
・内寸:長さ1,364cm×幅238cm×高さ236cm
・外寸:L1397cm×W249cm×H378
・門枠:W237cm×H227cm

【日本フルハーフ製 2軸 ウイングトレーラー(DFPTF341A改)】の紹介はこちら

令和2年式 3軸 ウィングトレーラー(DFPTF341A改)

上記の2軸ウイングトレーラー同様、令和2年式の日本フルハーフ製です。
リフトアクスル、総輪エアサスでありABS付き。
最大積載は26.2tとなっております。

・メーカー:日本フルハーフ
・車名:フルハーフ
・重量;大型
・形状:トレーラー
・年式:令和2年11月
・最大積載量:26,200㎏
・車両総重量:35,910㎏
・サスペンション:エアサス
・車検:予備検査付き
・内寸:長さ1,363cm×幅240cm×高さ233cm
・外寸:L1397cm×W249cm×H380
・門枠:W237cm×H227cm

【令和2年式 3軸 ウイングトレーラー(DFPTF341A改)】の紹介はこちら

その他のウイングトレーラーはこちらから

中古トラックの販売・買取・レンタル・リースなら【トラックランド】

ウィングトレーラーが必要になった際は、ぜひトラックランドにご相談ください。
当社は、中古トラックの「買取」「販売」「陸送」「メンテナンスサービス」「リース」5つのサービスを柱に、ワンストップでサービスを提供しています。
仕入れの強みとマルチサービスを展開するグループ会社の強みを活かし、常時豊富な在庫を取り揃えており、在庫にない車両もお客様のご要望に応じて探すお手伝いなど「はたらくクルマ」全般の多彩なニーズにお応えします。
トラックランドでは中古のトラックをローンリース可能であり、上記でお伝えした中古のウイングトレーラーもご用意しております。

トラックの販売・買取・レンタル・リース【トラックランド】

まとめ

物流で大活躍するウイングトレーラーをお求めでしたら、ぜひ【トラックランド】にご連絡ください。
ウイングトレーラーはもちろん、当社ではさまざまな場面で役立つはたらくクルマを豊富に取り揃えております。
お客さまのご要望に応じて、トレーラーの架装・車両の板金・車検整備・陸送までお手伝いし、確かな品質をご提供いたします。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


アルミバンは汎用性の高い便利トラック! 多種多様な使い道とは!?

アルミバンは、荷物を運ぶのに便利かつ用途多様なトラックです。
アルミバンの購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、アルミバンの特徴をしっかりと理解した上で、中古車を選んでみることをおすすめします。
とはいえ、「アルミバンにはどんな種類があるの?」「なぜ中古がいいの?」と思う方もいるでしょう。
そこでこの記事では、アルミバンの基本知識と、中古車がおすすめの理由について詳しく解説していきます。

アルミバンとは?

引越業者や宅配物を運ぶ運送会社に多く使われている車両です。
生花や園芸品、洋服や雑貨の運搬などに大活躍のアルミバンは、その名の通りアルミ製の箱を搭載したトラックのこと。
金属製で密閉性が高いので風雨にほぼ完全に防ぐことができるほか、降雪や雹などにも強いといった利点があります。また、箱型の為走行中の落下物事故のリスクも非常に低いです。

アルミバンは便利トラック!

生花・園芸品・衣類・紙類・機械製品など様々な用途で使用され汎用性の高い多種多様なトラックです。また、個人では主に引越し専用車両として使用されています。
ご自身の取得している運転免許によって、車両運転が不可の規制があるため注意が必要です。

荷物運ぶだけではない!キッチンカーにも適応可能!?

新型コロナウイルス感染拡大でテイクアウトニーズが増えている中でキッチンカーの需要が拡大しています。
アルミバンは荷物を運ぶために使用されていますが、実はキッチンカーとして使用することができます。アルミバンに似ている箱型のトラック“リンボーバン”という車両です。
リンボーバンは積載物の高さに応じて荷台を調節できる昇降車可能な万能トラックです。主に高さのある大型家具運搬に使用されることが多いですが、架装してキッチンカーとしても使用することができます。

弊社にて購入いただいたリンボーバンのお客様の使用例

バートラックになりました!


架装はトラックランドのグループ会社
陸送ネットにお任せください!

陸送ネットは車両の陸送を軸として、整備、運輸に至るまで

ワンストップでお客様のニーズにお応えしています。

必要な運転免許は?

アルミバンの車両重量は、2t(小型)、4t(中型)、8t(増トン)、10t(大型)と幅広く、「標準幅」を基準とする重量がそれぞれにあります。
ご自身の取得している運転免許によって、乗車できる車両が異なりますので下記にてご紹介します。

サイズ 種類 必要な免許
2t(小型) ・標準 普通免許 or 準中型免許
・標準ロング
・ワイドロング
準中型免許
4t(中型) ・標準
・ワイド
中型免許
8t(増トン) ・標準
・ワイド
大型免許
10t(大型) 大型免許

※平成29年3月12日以降に免許を取得した方で「2トントラック」を運転する場合、普通免許と新設された準中型免許の2つの免許取得が必要になりました。
平成19年までに取得が済んでいる普通面免許保持者は 4トントラック/中型トラック(車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満)を運転することが可能でしたが、新設された準中型免許ではいわゆる「4トントラック」の運転は不可となります。

まとめ

アルミバンというのは、汎用性が高く、どの場面でも大活躍な車両となっています。
また、小型から大型まで幅広い種類がありますので、それぞれの用途に応じた使い方ができるのです。
アルミバン、リンボーバンの購入を検討している方がいらっしゃるかと思いますが、お客様のご要望に合わせた車両の整備、架修、架装、リノベーションで整備の行き届いた高品質な中古トラックをご提供するトラックランドにお任せください。在庫にない車両も調達ネットワーク網からお探しします。

【トラックランド】では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


トラックの平ボディとは? 特徴やメリット、使用時の注意点を徹底解説!

トラックの定番と言えば、平ボディです。
そこでこの記事では、
・平ボディの特徴
・平ボディのメリット
・平ボディトラック使用時の注意点
について、詳しく解説していきます。

平ボディの特徴は?

荷台はフラット型で屋根がなく、「アオリ」で囲まれていて
オープンデッキになっているため、荷物の荷降ろしがしやすい。
そのため、工事現場・建設現場・引っ越しなどの様々な場面で活躍しています。

平ボディにも種類がある?

平ボディトラックのサイズには、
・2トン
・4トン
・10トン
などがあり、荷物の大きさや運ぶ距離などによって使い分けられています。

また、荷台の高さにもいくつかの種類があるのです。
では、それぞれの種類について、詳しく解説していきます。

超低床

地面から荷台ボディまで→高さ780mm~785mm
最も低い仕様となっています。
そのため、頻繁な荷物の積み下ろし作業の負担を軽減します。

全低床

地面から荷台まで→高さ840mm~955mm
多種多様な積み降ろし作業に考慮し、汎用性がある仕様です。

高低床

地面から荷台まで→高さ925mm~1105mm
超低床・全低床との見分けのつけ方は前後のタイヤの大きさを確認ください。
大口径タイヤのため走行時の安定性があります。車高がたかくなるため、プラットフォーム内での仕分け業務などの作業現場に最適です。

平ボディにはどんなメリットがあるの?
作業が楽

平ボディは、荷台がフラットになっているため、作業がしやすいです。
特に超低床のトラックは、人の手で積み下ろしをすることができるため、効率的に作業をすることができるでしょう。
こう聞くと、
「アオリがあるから意外と積み下ろしが大変なのでは?」
と思う方もいらっしゃるかと思います。
しかし、平ボディのアオリは倒すことができるため、フラットな状態にすることができるのです。
更に、中には電動リフト(パワーゲート)が装備されているタイプもあり、そのような仕様のトラックであれば重たい荷物でも簡単に積み下ろしを行うことができます。

汎用性がある

様々な用途に使うことができます。
荷台がフラットにのため、上手に積み込みを行えば、かなり大量の荷物を積み込むことができます。
そのため、購入検討時に
「その時によってトラックの使用目的が異なる」
という場合は、平ボディに選択肢を広げてみることをおすすめします。

ボディサイズが豊富

平ボディには様々なサイズが用意されています。
そのため、使用目的に応じて車両サイズを選ぶことがおすすめです。
また、中には中型が必要なく、普通免許のみで運転できる車両もあります。

比較的価格が安い

平ボディトラックは、場合によっては普通車と同じくらいの金額で購入できることがあります。
もちろん新車になると難しいですが、中古車の場合はコストを抑えて購入することができるため、個人で利用したいと思っている方に最適です。

平ボディのデメリットと対処法

平ボディのトラックにはたくさんのメリットがあります。
ただ、いくつかデメリットも存在しているのです。
では、具体的にどのようなデメリットがあるのか、そのデメリットへの対処法はあるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

天候の影響を受けやすい

平ボディの、荷台は覆われていませんので、荷物を積み込んだ後はカバーをして保護します。
ただ、完全に雨風をしのげるわけではないため、大雨が降っている時などは荷物が濡れてしまう事もあります。
ただし、防水性の高いカバーを使用することで、雨風に負けることなく、荷物をしっかりと守りながら輸送できる可能性が高くなるのです。

防犯性が低い

平ボディは、アルミバンと比べると防犯性に劣ります。
なぜなら、荷台が覆われていないからです。
大きな荷物を積んでいる場合、トラックから長時間離れることは少ないと思いますし、大きな荷物を盗もうとする人も少ないです。
とはいえ、絶対に盗まれないかと言われればそういうわけではありません。
このようなことを防ぐためには、先ほど解説したトラックシートが役立ちます。
荷物がむき出しになっていると、盗まれたり、いたずらをされたりする可能性が高くなるため、トラックシートでしっかりと荷物を隠すことが大切です。

落下事故に繋がることもある

落下事故に繋がってしまう事もあります。
そのため、バランスよく荷物を積み込み、尚且つ安全運転を心がけるようにしましょう。

まとめ

平ボディは、様々な場面で活躍する汎用性のあるトラックだと言えます。
また、様々なサイズがあり、場合によっては普通免許で運転できる車両もあります。

【トラックランド】では、では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。
在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


冷凍車とは?保冷車との違いや種類、注意点をわかりやすく紹介!

食品を扱う事業を行っている方の中には、
「冷凍車を導入しようかな」と考えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、冷凍車とは一体どのような車両なのかということについて、具体的に説明していきます。

冷凍車とは?

冷凍車は、その名の通り荷室に冷凍機が備えられている車両のことを指します。
生鮮食品などを運ぶ場合、普通の車両で運んでしまうと、運送中に鮮度が落ちてしまう事もあります。
魚やお菓子など、腐りやすい食品を扱っている事業者のほとんどは、冷凍車を導入しています。

冷凍方式には種類がある?

冷凍車の冷凍方式にはいくつかの種類があるのです。
では、それぞれの冷凍方式について、詳しく見ていきましょう。

機械式

エンジンの力を使って荷室の温度を下げるタイプのことです。
簡単に言えば、強度を上げたエアコンを使っているイメージです。

この方式の場合は、温度を細かく調整することができるため、積み荷に最適な温度を保つことができます。

液体窒素

その名の通り液体窒素の力を借りて荷室を冷やしています。
この方式の場合は、-40度まで温度を下げることができるため、食品の鮮度を落とすことなく運べるのです。

ただし、液体窒素は高額なためコストが非常にかかります。

蓄冷式

車両が稼働していないときに電力で冷凍機の冷却板を冷やし、
車両の稼働中は、凍結された冷却板からの冷気で庫内を一定の温度で保たすことができます。
ただし、細かい温度調整はできませんので、長距離の運送には向いていないと言えます。

冷凍機はどうやって動いている?

次に、冷凍機がどのような仕組みで動いているのかということについて、詳しく解説していきます

エンジン直結

先程も少し解説しましたが、このタイプの冷凍機は温度を細かく調整できるというメリットがあります。
ただし、エンジンを切ってしまうと冷凍機も動かなくなってしまうというデメリットもあるのです。

サブエンジン式

サブエンジン型は、冷凍機本体に専用エンジンを搭載し、車のエンジンを切っても冷凍機の稼働。トラックの走行状態に左右されないため、一定の温度管理が可能です。長距離運送の際に用いられることが多くなっています。

冷凍車と保冷車の違いは?

中には、冷凍車と保冷車の違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。
ただ、両者の違いはかなりシンプルで、保冷機能が付いているか、付いていないかという事だけなのです。
保冷車は、荷台が断熱構造となっているため、温度を一時的に保つことができます。
しかし、冷凍機能、冷蔵機能はついていないため、温度を下げる事はできないのです。

一方、冷凍車には温度を下げる機能が付いていますので、室内の温度を下げ続けることができます。

冷凍車に注意点は?

では次に、冷凍車を使用する際の注意点について、詳しく見ていきましょう。

予冷を行う

冷凍車を使用する場合は、荷物を積み込む前に事前に荷室を冷やしておくことが大切です。
特に機械式冷凍機の場合は、通常よりも予冷に時間がかかりますので、荷物を入れてから冷やし始めると、荷物が傷んでしまう可能性が高くなるのです。

ただし、蓄冷式冷凍機の場合はすぐに荷室が冷えますので、予冷の必要はありません。

荷物を正しく積み込む

荷室の温度が下がっていたとしても、荷物の積み込み方を間違えると、しっかりと冷やすことができなくなってしまう場合があります。
間違った積み方の例は、奥から詰め込むというやり方です。
これをやってしまうと、冷たい空気が全体に行き渡らないため、一部の食品が傷んでしまう可能性があるのです。

そのため、
・荷室の全面
・天井部分
・荷室の側面
・床面
などにバランスよく荷物を積んでいくことをおすすめします。

また、冷たい空気が出てくる部分に荷物を積んでしまうと、直風によって荷物が傷んでしまう事があります。
そのため、風が出てくる部分にはカバーをつけることをおすすめします。

積み下ろしはできるだけ素早く!

更に、積み下ろしはできるだけ素早く行うことも大切です。
多くの冷凍車は、リア部分から荷物を積み下ろしする形になるでしょう。
ただ、ドアを開けっぱなしにすると、中の冷気が逃げてしまうため、に室内の温度が上昇してしまうのです。

場合によっては積み下ろしに時間がかかってしまうケースもありますよね。
このような時でも、荷室のカーテン付車両の場合は、温度の浄書を防ぐことができます。

適度に換気をする
液体窒素で荷室を冷やしている場合は、適度に換気をする必要があります。
なぜなら、荷室にガスが充満してしまうからです。

換気を行わず、ガスが充満した荷室に入って作業をしていると、酸欠になってしまう可能性があるのです。
このような事故を防ぐためにも、液体窒素式冷凍車を使用している場合には、定期的に換気を行いましょう。

搭載されている冷凍機メーカーの紹介

以上さまざまな冷凍機の機能をご説明しましたがここで冷凍機に搭載されている冷凍機メーカーを紹介いたします。

・重コールドチェーン
・サーモキング
・デンソー
・東プレ
・東芝キャリア

トラックランドの冷凍機では、各冷凍機メーカーの中古車を取り扱っております。
冷凍機メーカー指定の車両お探しも、承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

まとめ

冷凍車の冷凍方式には様々な種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
更に、冷凍車を使用する際にはいくつか注意点があり、正しく使用しないと故障に繋がってしまったり、荷物を傷めてしまったりする可能性がありますので注意が必要です。

【トラックランド】では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============


バリエーション豊富なダンプの基礎知識をご紹介!

土砂や産業廃棄物などの運搬に活躍のダンプトラック。
なぜ「ダンプ」と呼ばれてるかというと、【dump→どさっと落とす、中身を下す】という意味から派生しています。
このように、英語がもとになっているダンプですが、和製英語ですので、海外では通じません。

この記事では、ダンプにはどんな種類があるのか、どのような仕様があるのか、詳しく解説していきます。

ダンプの種類
リアダンプ(標準ダンプ)

荷台を傾けて積み荷を降ろす、建築土木の現場・産業廃棄物処理場などでよく使用されている標準ダンプのことをリアダンプと呼びます。

土砂禁ダンプ(土砂等運搬禁止車両)

土砂等を積載して走行してはいけないダンプのことで、土砂禁ダンプに土砂を積んだ場合は違法となります。
車検証(その他検査事項)には「積載物は、土砂等以外のものとする」と記載があるので確認してみてください。

※また、土砂を運搬する際は、国土交通省に認可の届け出をしなければなりませんのでご注意ください。
【対象車両】
土砂等を運搬する大型自動車(最大積載量が5tまたは車両総重量が8tを超えるもの)

深ダンプ

主にペットボトル・発泡スチロールなどの軽い積載物を運搬するダンプのこと。
なお、土砂禁止ダンプと呼ばれ、土砂の積載は禁止されているため運べません。

Fゲート(Lゲートダンプ)

アオリが通常ダンプよりも板が浅く、土砂・岩を運搬するためのダンプです。特徴としては、下側のヒンジが開閉するため、土砂を落とす際はダンプアップして滑り落とすことが可能です。

サイドダンプ

左右に荷台が傾きますので、横からの荷下ろしが可能です。

三転ダンプ

左右にも傾くため、荷降ろしのスペースを気にすることなく臨機応変に使い分けることが可能です。
切り替えレバーをセットするだけで、後ろにも傾くため大変便利なダンプです。

重ダンプ

積載量が11トンからを超えるダンプのことで、300トンにも及ぶ超大型ダンプもあります。
重ダンプとは11トンを超える車両すべてのことを指し、公道を走ることができません。
主に、用途は鉱山・積載上・工事現場などで使用されることが多く土砂・鉱物の運搬に使用されます。

ローダーダンプ

スライド機能を兼ね備え、1台に2通りの役割を果た便利ダンプです。
1つめは、土砂運搬。2つめは、小型建機を運搬・積み降ろしが可能です。
ローダーダンプは、車両運搬用として使用されることが多いです。

ダンプ規制法律

交通事故防止を目的としした、法律です。違反した場合下記の処置が課せられます。

土砂等を運搬する大型自動車による交通事故防止等に関する特別措置法

第二十条 次の各号の一に該当する者は、三万円以下の罰金に処する。

一 第四条の規定に違反して、表示をせず、又は虚偽の表示をした者
二 第九条第一項の規定による命令に違反した者
三 第九条第三項の規定に違反した者

ダンプのアオリの種類を紹介!

ダンプの重要な機能の1つに、「あおり」というものがあります。
あおりとは、荷台を囲んでいる板のことを指し、荷物がこぼれおちるのを防止してくれます。

あおりにはいくつかの種類があるので、それぞれのあおりの特徴について、詳しく見ていきましょう。

板チョコ

板チョコあおりというのは、もっとも一般的な形で、街中で見かけるダンプの多くに取り付けられています。
仕切りが四角形の枠で囲まれているため、このような名前が付けられています。

額縁

あおりを縁取っているような形をしていることからこのような呼ばれ方をしています。
額縁あおりを取り付けることで、荷台部分がかなりすっきりと見えるため、ドライバーなどから絶大な人気を集めているのです。

船底

これは、あおりの底部分が傾斜しているタイプのことを指し、運転席から見ると船底に見えることから、このような呼ばれ方をしています。
また、船底あおりというのは、垂直なあおりと比べると土砂がつきにくいことから、土砂ダンプに取り付けられることが多いです。

面一

通常、あおりの表面はでこぼこしていることが多いのですが、この面一あおりは1枚の板で作られているため、でこぼこがありません。
この面一あおりをつけることで、見た目がかなりシンプルです。

まとめ

様々なところでよく見かけるダンプカーにも、意外とたくさんの種類があります。
また、荷物の落下などを防ぐ「あおり」にも種類があり、それぞれで素材や高さが異なってきます。
また、ダンプというのは中古としても多く出回っているのですが、安易な考えで購入してしまうと、後悔することになってしまいます。
そのため、中古ダンプの購入を検討しているのであれば、今回紹介したポイントをしっかりと確認し、自分の目的に合った、状態のいい車両を慎重に見つけていきましょう。
【トラックランド】では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

他にも大型・増トン・中型・小型の中古トラック、

アルミバン・アルミウィング・冷凍車、ダンプ、平ボディ、クレーン付など…

豊富にご用意しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://truckland.jp/

販売・買取・レンタル・リースの各種サービス承っております。

お探しの車両がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

=============

働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
横浜ブルーアベニュー

◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/

————

◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!

LINE小バナー

=============