月刊トラックランドONLINEとは

まなびのコラム

中古トラックの価格相場をタイプ別に解説!
激安中古トラックの留意点も

中古トラックを購入する際、その価格相場や影響する要因を正確に知ることは非常に重要です。特に、トラックの種類や大きさ、年式などによって価格は大きく変動するため、適正な価格での購入を目指すには、詳しい情報の収集が欠かせません。

本記事では、中古トラックの価格相場をサイズ別に解説します。またトラックのボディ形状別の特徴や、激安中古トラックのデメリットや留意点、さらに中古トラックの購入方法やポイントについても詳しく紹介しています。

中古トラック購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

【サイズ別】中古トラックの価格相場

それでは早速、サイズやタイプに応じて変わるトラックの特徴と、それに伴う中古車の価格相場について、詳しく解説していきます。

小型 中古トラック(2t~3t)

価格相場:80万円~800万円

小型の中古トラックは、都市部での配送や業務において非常に人気があります。その理由として、狭い道路や駐車場でも取り回しやすい、小回りの効く設計が挙げられます。また、維持費の安さや燃費の良さもあり、初めてトラックを購入する際や小規模な事業者にとっては手頃な選択肢となっています。

中古価格に関してですが、小型(2t~3t)の中古のトラックの相場はおおよそ80万円から800万円の範囲となっています。この価格帯は、車両の年式や使用状況、走行距離などの要因によって変動しますが、この範囲内で好みや予算に合った車両を見つけることができるでしょう。

中型 中古トラック(4t)

価格相場:130万円~1000万円

中型(4t)の中古トラックは、業界でのニーズが高く、多様な用途で利用されています。このサイズのトラックは、小型トラックよりも大きな荷物や機材を運ぶのに適しており、建設業や農業、一般の運送業などでよく見かけます。

また、十分なパワーを持ちつつも、大型トラックほどの取り回しの難しさはないため、中規模の事業者や特定の業種での作業に適しています。中古市場において、中型トラックの価格相場はおおよそ130万円から1000万円となっています。

この幅広い価格帯は、トラックの年式や走行距離、メーカー、装備内容など多岐にわたる要因により変動しますが、多様な選択肢の中からビジネスの要件に合った一台を見つけることが可能です。

大型 中古トラック(10t)

価格相場:200万円~1500万円

大型(10t)の中古トラックは、大規模な物流や運送を主とする企業や業者にとって、不可欠な存在となっています。これらのトラックは、大量の荷物や資材を一度に輸送できるため、大規模な建設現場や製造業、長距離輸送においての主力として活躍します。。

加えて、強力なエンジンや頑丈な車体構造が特徴で、重い負荷のもとでも確実に作業をこなすことができます。しかし、その大きさから都市部の狭い道路での運行や駐車には難しさが伴うため、取り扱いには経験と技術が求められます。

中古市場での大型トラックの価格相場は、おおよそ200万円から1500万円の間となっており、車両の年式や走行距離、メーカー、装備の充実度などによって幅広く変動します。そのため、予算や必要性に応じて最適な車両を選定することができるでしょう。

トラックのタイプ別(ボディ形状)の特徴

ここからはトラックのタイプ別(ボディ形状)の特徴や主な用途を解説します。

アルミウィング

アルミウィングの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

アルミウィングはその名の通り、アルミ製のウィング型の開閉機構があるトラックで、主に荷物の積み下ろしを効率化するために設計されています。

設計と軽量性により運搬効率や燃費効率が良く、アルミニウムは錆びにくいという特性から耐久性の高さも特徴として挙げられます。

荷物の積み込みや荷下ろしをトラックの側面や背面からできるようになっていて、大型の荷物やパレットの積み下ろしをスムーズに行うことが可能です。

さらに、荷物がしっかりと保護される強固な外装であるため、雨風や直射日光から荷物を守ることができ、輸送中の商品の安全性も高められます。

アルミウィングはウィングの開き方による種類があり「ターンオーバータイプ」「フレキシブルオープンタイプ」「上昇開閉タイプ」に分けられます。

ターンオーバータイプは、ウィングが横に大きく開く形式で、クレーンなどを使用した荷物の積み下ろしに便利です。フレキシブルオープンタイプは、ウィングの開き方を柔軟に調整できるため、さまざまな状況での荷物の取り扱いが可能になります。

上昇開閉タイプは、ウィングが上昇する形式です。これによって荷台の内部寸法にぴったり合う、ギリギリの高さの荷物も積み込むことが可能になりますので、荷台の利用空間を最大限に活用できます。

主な用途

アルミウィングは主に、大量の貨物輸送に用いられることが多く、荷物の積み下ろしの容易さから、特に運送業や引越業での需要が高いです。大規模な運送業務や引越業務では、大量の衣類や雑貨、食品から大型の家具、家電まで効率的に運ぶためにアルミウィングが活躍します。

また、農業分野では、収穫物や農機具の輸送に使用され、畜産業では飼料や家畜の輸送に役立てられます。荷物の積み下ろしが容易であることや荷物を外部の影響から守ることができるため、多種多様な輸送ニーズに対応し、様々な業界で重宝されているのです。

>アルミウィングをお探しならこちら

アルミバン

アルミバンの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

アルミバンはアルミ製の密閉型荷台のあるトラックで汎用性の高さが特徴として挙げられます。密閉型荷台は、荷物を外部環境からしっかりと保護する役割を果たします。これにより、雨風やほこり、直射日光から荷物を守ることができ、輸送中の商品の安全性を確保します。

また荷物の盗難防止にも役立つことに加えて、万が一荷崩れが発生しても、密閉型の構造により荷物が車外に出ることはありません。

内部は平らで広いスペースになっていて、荷物の積み下ろしや整理が容易です。アルミバンの内壁は滑らかで、荷物が傷つきにくい構造となっていますので、傷つきやすい商品の輸送にも適しています。

アルミバンの構造は、荷物の積み下ろしを背面から行う設計になっています。これは、特に大量の荷物を効率的に積み込む必要がある場合に便利です。

ただし構造上、側面が開かないため、荷物の積み下ろしに一定の制約があります。例えば、アルミウィングのように側面が開くトラックでは、クレーンなどを使用して荷物を積み下ろすことが可能ですが、アルミバンではそのような作業はできません。

特に大きな荷物や複数の荷物を同時に扱う際には、作業効率が低下する可能性があります。荷物を保護するための優れた機能を持ちながらも、積み下ろしの柔軟性においては制限があるという点はデメリットとして挙げられます。

主な用途

アルミバンは、その特性を活かして様々な用途で活用されています。一般的な用途としては、運送業務や引越業務での衣類や雑貨、食品、家具、家電などの輸送です。また生花のようなデリケートで環境に敏感な商品も、アルミバンの密閉型荷台によって外部環境から守られるので適しています。さらにキッチンカーとしての利用も一つの用途として挙げられます。

内部の広いスペースは、調理器具や食材の収納に便利で、キッチンスペースのカスタマイズも容易に行えます。また、アルミバンの頑丈で耐久性のある構造は、移動中の振動や衝撃から機材を守り、安全な輸送が可能です。

アルミバントラックは、その軽量性と堅牢な荷台により、長距離輸送や環境に敏感な荷物の輸送、キッチンカーとしての利用など幅広い業界で広く採用されています。

>アルミバンをお探しならこちら

ダンプ

ダンプの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

建設業や鉱業、産業廃棄物の収集運搬など、重量物や大量の物資の輸送で活躍するトラックです。ダンプの最大の特徴は、荷台を傾斜させることができる点にあります。

荷台を傾けることで、重力を利用して積載物を素早く排出することが可能であり、手作業での積み下ろしに比べて大幅に時間を節約することができます。

ダンプには、その用途や機能に応じてさまざまな種類があります。その種類は「リアダンプ(標準ダンプ)」「土砂禁ダンプ」「深ダンプ」「Fゲート(Lゲート)ダンプ」「サイドダンプ」「三転ダンプ」「重ダンプ」「ローダーダンプ」などです。

一般的によく使用されるのはリアダンプ、通称標準ダンプです。

土砂禁ダンプは土砂等を積載して走行することが禁止されたダンプで、土砂を運搬する場合は、国土交通省に認可の届け出が必要です。

また、深ダンプはペットボトルや発泡スチロールのような軽い物質の輸送に適しており、土砂の積載は禁止されています。

Fゲート(Lゲート)ダンプは、通常のダンプよりも浅いアオリで、土砂や岩を運搬するのに適しています。これらは下側のヒンジが開閉する設計で、土砂を滑らせて落とすことができます。

サイドダンプは左右に荷台が傾くため、横からの荷下ろしが可能です。また、三転ダンプはさらに多機能で、左右だけでなく後ろにも傾斜できるため、荷下ろしのスペースに制約されず柔軟に使用できます。

重ダンプは、積載量が11トン以上のダンプで、超大型のものでは300トンに達することもあります。これらは公道を走ることはできず、主に鉱山や大規模な工事現場で土砂や鉱物を運搬するのに使用されます。

ローダーダンプはスライド機能を備えていて、土砂運搬と小型建機の輸送が可能で、特に車両運搬用としての用途が多いです。これらの種類のダンプは、それぞれ異なる特性を持ち、さまざまな産業でその能力を発揮しています。

主な用途

ダンプの主な用途は、土、砂利、岩石、産業廃棄物といった大量の物質を運搬し、目的地で効率的に排出することにあります。これらは細かい物資のため、ダンプの搬送能力と、荷台を傾けて素早く排出する機能が重宝されます。

建設現場では、ダンプは基礎工事や土地の平準化など、さまざまな段階で必要とされます。また、鉱山などの採掘現場では、掘り出された鉱石や土砂を処理施設まで運ぶために用いられます。さらに産業廃棄物の収集と運搬においても活躍します。

これらの現場は、運搬する物資の性質上、通常の車両では対応が難しいため、ダンプの活用が不可欠です。

>ダンプをお探しならこちら

平ボディ

平ボディの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

平ボディは、シンプルながら実用的な設計により、多様なニーズに対応しているトラックです。この平ボディの最大の特徴は、平らで開放的な荷台である点です。

汎用性に優れていて、さまざまな産業で広く利用されています。荷台が平らであることから、重量物を均等に分散して載せることが可能であり、また、荷台のサイドには取り外し可能なフレームやガードが設けられていることが多いため、荷物の固定や保護もしやすくなっています。

平ボディには、荷台の高さによって異なる種類があります。その種類は「超低床タイプ」「全低床タイプ」「高床タイプ」です。

最も低い仕様の超低床タイプは、地面から荷台ボディまでの高さが約780mmから785mmで、頻繁な荷物の積み下ろし作業の負担を軽減することができます。

全低床タイプは、地面から荷台までの高さが約840mmから955mmで、多種多様な積み降ろし作業に適した汎用性の高い仕様となっています。この中間的な高さは、さまざまな種類の荷物に対応しやすく、幅広い用途で使用されています。

一方で、高床タイプは、地面から荷台までの高さが925mmから1105mmになります。超低床や全低床と比べると、荷台の高さが高くなるため、前後のタイヤの大きさが異なります。大口径タイヤを備えているため、走行時の安定性があり、特にプラットフォーム内での仕分け業務や作業現場での使用に最適です。

主な用途

平ボディは、その広々とした荷台と荷物の積み下ろしのしやすさから、運送業や建設業、引越業、農業など幅広い分野で重宝されています。

建材や大型の家具、重機械などの大きな荷物を効率的に輸送するのに適していて、荷台上部に屋根はありませんので、荷物の積み下ろしも容易です。シンプルな構造は、さまざまな種類の荷物を柔軟に運ぶことを可能にします。

>平ボディをお探しならこちら

クレーン付き

クレーン付きの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

クレーン付きは、運転席と荷台の間に小型クレーンが装備されたトラックです。重量物の移動や荷揚げ、荷降ろしを一台で行うことができるのが大きな特徴です。走行性能に関しても通常のトラックと変わらず、高速道路での走行や長距離移動も可能です。

クレーンの吊り上げ能力は、車両のサイズやクレーンのブームの長さによって異なります。多くは、2.63トンから2.93トンの吊り上げ仕様になっています。クレーンのブームは様々な段数がありますが、中でも4段ブームのクレーンが一般的で人気があります。

クレーンを操作するためには、通常の運転免許に加えて、吊り上げる荷物の重量に応じた資格が必要です。

5トン以上の荷物を吊り上げる場合は移動式クレーン運転士の免許が、1トン以上5トン未満の場合は小型移動式クレーン運転技能講習の修了が、そして1トン未満の荷物を吊り上げる場合は可動式クレーンの運転業務特別教育の修了が必要になります。

さらに、クレーンに荷を掛け外しする「玉掛け」作業には別途免許が必要です。クレーン付きはその多機能性と便利さから、多くの現場で重宝されていますが、適切な操作と安全管理が求められる車両でもあります。

主な用途

クレーン付きは、特に建設現場や、解体現場での需要が高い車両です。これらの現場では、高所作業や人の手が届かない場所への物資の移動が頻繁に必要とされます。そのような状況において、重量物の持ち上げや移動を容易にし、作業の効率化に大きく貢献します。

重量物を扱う際にはフォークリフトや他の重機が必要なケースもありますが、クレーン付きトラックで対応できると他の重機を現場に搬入する必要がなくなります。これは、特にアクセスが困難な場所や狭いスペースで作業を行う際に大きな利点となります。

その他にも大型装置や機械の設置など、さまざまな重量物の取り扱いで使用されます。

>クレーン付きをお探しならこちら

冷凍冷蔵車

冷凍冷蔵車の特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

温度管理が必要な物の輸送に使用される車両が冷凍冷蔵車です。特徴としては、内部温度を一定に保つことができる特殊な断熱構造と冷却システムを備えている点にあります。

温度設定を柔軟に変更できるため、幅広い種類の物を適切な温度で運搬することが可能です。この機能により、食品などの品質を維持しながら長距離を移動することができるため、食品輸送業界において特に重要な役割を果たしています。

冷凍冷蔵車は温度管理方法によって異なるいくつかの種類があります。その種類とは「機械式」「液体窒素式」「蓄冷式」です。

最も一般的なタイプの機械式は、エンジン駆動または独立型の冷却ユニットを使用して荷室の温度を調節します。このタイプは、温度調節が容易で、特に長距離輸送や一定温度の維持が必要な物の輸送に適しています。

液体窒素式は、液体窒素を使用して荷室を冷却します。この方式は、エンジン駆動の冷却システムに比べて静かで、燃料消費が少ないという特徴があります。また、急速冷却が可能であるため、特に新鮮な食品や急速凍結が必要な商品の輸送に利用されます。

蓄冷式は、冷却エネルギーを蓄える特殊なパネルや材料を使用します。このタイプは、荷室を一定の低温に保つことができ、電力や燃料を使わずに冷却を行うため、環境に優しい選択肢となります。蓄冷式冷凍車は、都市部での短距離配送や、騒音や排気ガスを最小限に抑える必要がある場合に適しています。

主な用途

冷凍冷蔵車は鮮魚、精肉、冷凍食品、薬品などの輸送で特に用いられます。内部の温度を一定に保つことができますので、それによって新鮮な状態で目的地まで運ぶことができるのです。鮮魚や精肉は、腐敗しやすく、温度によって品質が大きく左右されるため、冷凍冷蔵車での輸送は特に重要です。

冷凍食品の場合、解凍と再凍結を防ぐために一定の低温が保たれる必要があり、これも冷凍冷蔵車での輸送によって実現されます。

また、薬品の輸送においても冷凍冷蔵車は重要な役割を担います。多くの医薬品は温度に敏感であり、特定の温度範囲で保管・輸送されなければなりません。冷凍冷蔵車によって、薬品の効果や安全性が保たれ、医療機関へ安全に届けられるのです。

>冷凍バンをお探しならこちら
>冷凍ウィングをお探しならこちら

ミキサー車

ミキサー車の特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

ミキサー車は建設業界において不可欠な車両で、最大の特徴は、大きな回転式ドラムを備えている点です。このドラムは、コンクリートが目的地に達するまで品質を保つために、常に回転して混合を続けます。これにより、コンクリートが硬化するのを防ぎながら、施工現場に到着するまで良い状態を保持します。

大規模な現場では、大容量のミキサー車が使用され、小規模な現場や狭い場所では、より小さなドラムを持つ車両が選ばれます。

ミキサー車はドラム、ホッパー、スクープ、シュート、洗浄水タンク、レバーの6つの要素で構成されています。ドラムは、コンクリートを混ぜ合わせるための大きな回転容器で、車両の後部に設置されています。ホッパーは、コンクリート材料をドラムに投入するための部分で、スクープはその材料をすくい上げるために使用されます。

シュートは、混合されたコンクリートをドラムから現場に流し出すための斜面で、必要に応じて方向や角度を調整できます。洗浄水タンクは、コンクリートの混合や洗浄の際に使用される水を供給するための部分です。

レバーはこれらの各部分を操作し、コンクリートの混合や運搬をコントロールするために使われます。これらの部分が連携して動作することで、ミキサー車は建設現場などで重要な役割を果たします。

またその強力なエンジンと頑丈な構造も特徴として挙げられます。これにより、重い負荷を運ぶと同時に、過酷な作業環境にも耐えることができます。

主な用途

ミキサー車は、建設現場にコンクリートを運ぶために欠かせない存在です。工場で製造された生コンクリートを建設現場まで運び、使用するまでの間、コンクリートが適切な状態を保つように特別に設計されていますので、コンクリートは新鮮な状態で建設現場に到着し、すぐに使用することが可能です。

道路や橋の建設、建物やダムの建築など、コンクリートを使用するさまざまな場面でミキサー車は活躍します。小規模な修理作業や住宅建設から、大規模な商業施設や公共インフラの建築に至るまで、幅広い規模の工事や作業で使用されているのです。

ミキサー車は、建設業務における効率化と品質の維持に大きく寄与しています。

>ミキサー車をお探しならこちら

トラクターヘッド

トラクターヘッドの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

トラクターヘッドは、トレーラーやコンテナを牽引するためのトラックで、長距離輸送や重量物運搬において活躍します。トラクターヘッドの主な特徴は、強力なエンジンと重い貨物を引くための頑丈なフレーム構造にあります。

トラクターヘッドには、構造によって異なる種類があります。それは「シングル」と「ダブル」という二つのタイプです。

シングルは、デフ(デファレンシャルギヤ)が1つだけのトラクタを指します。これは、車軸が2軸で、タイヤが合計6本で構成されるのが一般的です。このタイプのトラクターヘッドは、比較的軽量であり、運転が容易で、燃費効率が良いため、様々な種類の輸送に適しています。

一方、ダブルは、デフが2つあるトラクタを指します。このタイプは、通常3軸で構成され、タイヤが合計10本ついています。ダブルトラクタは、より重い荷物を運搬することができ、特に重量物の輸送や長距離輸送に適しています。追加の車軸とタイヤにより、安定した運転が可能になります。

主な用途

前述した通りトラクターヘッドはトレーラーを牽引するために使用されます。貨物輸送や工業品の運搬など、多岐にわたる分野での活躍が見られます。トラクターヘッドは異なる種類のトレーラーを接続することが可能であり、これにより土砂、液体、車両、建設資材など、さまざまな物資の輸送に対応できます。

これによりトラクターヘッドは港湾、物流センター、製造施設、建設現場など、多岐にわたる輸送環境で効果的に活用されています。

>トラクターヘッドをお探しならこちら

トレーラー

トレーラーの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

トレーラーは、トラクターヘッドに連結して牽引される部分のことを指します。トレーラーは大きく「セミトレーラー」と「フルトレーラー」に分けられます。一般的なのはセミトレーラーで、これはトラクタと連結することを前提に設計されていて、積載スペースの後部にのみ車輪が付いています。トラクタとの連結が解除されると、コンテナのように独立して使用することも可能です。

一方、フルトレーラーは全長の規制がセミトレーラーよりも緩く、より長い構造が特徴です。フルトレーラー自体にも荷台があり、一度に大量の積荷を運ぶことができます。

またその他にも種類があり「スタンション型」「バン型」「タンク型」「冷凍型」など、運搬する貨物によって選択されます。

スタンション型は、「フラットトレーラー」や「まな板トレーラー」としても知られています。このタイプは、平らな荷台部分に特定の数のスタンションとワイヤーフックを備えており、主に木材やコンクリート、鋼材などの運搬に使用されます。荷物の重量や重心の位置に応じて、スタンションの数を調整します。

バン型は箱型のセミトレーラーで、後部や側面に扉が設けられたバンタイプと、側面が上方に開くウイングタイプの二種類があります。これらのバン型は、セミトレーラーの中で最も一般的に使用されている種類であり、その汎用性と実用性から広く普及しています。

タンク型は、液体やガスなどの特殊な貨物を安全に運ぶために特別に設計されています。燃料や化学物質などの輸送に利用され、その構造は貨物の性質に応じて様々な安全対策が施されています。

冷凍型は、温度管理が必要な食品や医薬品などの輸送に使用されます。内部を一定の低温に保つことができ、温度に敏感な商品の品質を維持しながら輸送することが可能です。

主な用途

トレーラーは、その多様性と柔軟性により、幅広い貨物輸送に使用されます。貨物の特性や要件に応じて、スタンション型、バン型、タンク型、冷凍型など、さまざまなタイプのトレーラーが選ばれます。

特に、特殊なトレーラーは、大型の機械や建設機材、航空機の部品など、通常の輸送手段では扱いにくい大きくて重いアイテムの運搬に使用されます。これらのトレーラーは、特定の荷物に合わせたカスタマイズがされ、荷物の形状や重量、安全性の要件に応じて設計されます。

超重量物を運搬するための強化されたフレームや、特殊な荷物を安定させるための固定装置が備えられていることがあります。

また、トレーラーの種類によっては、特定の環境条件下での輸送が可能になるため、例えば冷凍型トレーラーを使用することで、食品や医薬品などの温度に敏感な商品を安全に運ぶこともできます。

>トレーラーをお探しならこちら

バス

バスの特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

バスは、その特有の設計と機能によって様々な特徴があります。

バスの車種区分としては、2階建ての大型車で客席数が49人から72人の「ダブルデッカー」。45人から55人で中2階構造の「スーパーハイデッカー」。

45人から51人で主に観光バスとして走行している「大型ハイデッカー」。41人から53人の一般的な大型バス「大型一般車」。

27人から35人で大型車よりも小さいサイズで、中型一般車よりも車高が高い「中型ハイデッカー」。27人から40人に一般的な中型車「中型一般車」。

25人から28人で中型よりも小さいサイズで、小型一般車よりも床の位置が高い「小型ハイデッカー」。22人から29人でマイクロバスと呼ばれている「小型一般車」になります。

バスの外観は、通常、長方形の大きなボディと平らな面が特徴的で、これにより、広告スペースとしても利用されることが多いです。また、バスは、都市部や郊外での運行に適した構造となっていて、高い性能のエンジンと頑丈なフレームを備えています。そのため、長時間にわたる運行や、様々な天候や道路条件での安定した走行ができるのです。

さらに、バスは、一般的に乗降しやすいように設計されていて、特に公共バスでは、低床設計が採用されることもあります。これにより、高齢者や障がいを持つ人々も含め、多くの人々が容易に乗り降りすることができます。

これらの特徴により、バスは、その機能性と実用性において、公共交通の重要な手段として位置づけられています。安全性と快適性を提供するために、バスは多くの先進技術と快適性を追求した設計がなされています。

主な用途

バスは、その広い室内空間と大人数の運搬能力を活かして、多様な用途で広く利用されています。最も一般的な用途は、公共交通機関としての役割です。都市部や郊外での定期的なルートを運行し、日常の通勤、通学、買い物などの移動手段として活用されています。

また、長距離バスは、都市間の移動や観光地へのアクセス手段として利用され、その快適性と経済性から多くの旅行者に選ばれています。

学校バスや企業の送迎バスとしても使用され、特定のグループの人々を特定の場所へ運搬することができます。これにより、安全かつ効率的な移動が実現されます。また、観光バスは、グループ旅行や観光ツアーにおいても重要な役割を果たし、様々な目的地への移動やガイド付きツアーを提供しています。

>バスをお探しならこちら

車載車/キャリアカー/重機運搬車

車載車、キャリアカー、重機運搬車の特徴と主な用途は以下の通りです。

特徴

車載車、キャリアカー、重機運搬車は、特定の目的に合わせた特殊な設計が特徴です。これらの車両は、通常、強化されたフレームと大きな荷台を備えていて、重量物を安全に運搬することができます。荷台は、一般的に低床設計となっていて、積載物を容易に乗せることができます。また、車両の構造は、積載物を安定させ、運搬中の動きが少なくなるようになっています。

これらの車両は、高い耐久性と強度を持ち、過酷な条件下でも使用することができます。大きなタイヤと強化されたサスペンションは、重い荷物を支え、不整地での運搬でも安定した走行が可能になります。さらに、荷台の設計は、特定の積載物に合わせてカスタマイズされることもあります。

車載車、キャリアカーは操作性の面でも、特殊な積載物を扱う際のユーザーのニーズを考慮して設計されています。積載物の積み下ろしを容易にし、作業時間を短縮するための機能が組み込まれていることが多いです。

重機運搬車の主な種類として、セルフローダーとセーフティローダーがあります。セルフローダーは、トラックのキャビンが持ち上がり、荷台が傾斜する構造です。これにより、重機の積み下ろしが容易になります。荷台が傾くことで、自走式の重機が自力で乗り降りできます。

セーフティローダーは、トラックの荷台部分のみが傾斜やスライドする重機運搬車です。セルフローダーと異なり、キャビンは持ち上がらず、荷台部分のみが動くため、より安全に重機の積み下ろしを行うことができます。自走できない、または自走能力を失った重機を運搬する際に有効です。

車載車、キャリアカー、重機運搬車は、その特殊な設計と機能により、特定の運搬ニーズに対応するために広く利用されています。

主な用途

車載車やキャリアカーは主に、自動車や小型車両を運搬するために用いられます。これには、自動車ディーラーからの新車配送、故障車や事故車の回収、自動車オークションへの車両輸送などが含まれます。これらの車両は、安全かつ効率的に車を運搬するために特別に設計されていて、積載車両を損傷から守りながら輸送します。

重機運搬車は、建設機械、農業機械、その他の大型機器の輸送に使用されます。重量のある機器を安全に載せるための強化された構造と、容易な積み下ろしを可能にする低床設計を備えています。建設現場や農場など、重機が頻繁に移動する必要がある場所で特に重宝されます。

車載車、キャリアカー、重機運搬車は、それぞれの特性を活かして、自動車や重機などの特定の物を運搬するために広く利用されています。

>車載車/キャリアカー/重機運搬車をお探しならこちら

中古トラックの価格に影響する要因

中古トラックの価格に影響する主な要因として以下のことが挙げられます。

車体の大きさ

中古トラックの価格は、多くの要因によって影響を受けますが、その中でも車体のサイズは大きな要因となります。車体のサイズが大きければ大きいほど、通常は新車価格も高くなるため、それが中古車の価格にも反映されることが一般的です。大型トラックは、小型や中型トラックよりも多くの荷物を一度に輸送できるだけでなく、より大きなエンジンや強固なフレームが必要となるため、その分コストも高くなります。

また、大型トラックは、その独特の需要や供給のバランスによって価格が左右されることもあります。

逆に、小型トラックは都市部での運行や取り回しが容易であることから、幅広いユーザーからの需要がある一方で、生産量も多いため、相対的に価格が抑えられる傾向にあります。このように、トラックの車体サイズは中古市場での価格の大きな要因となるのです。

年式

トラックの年式も価格を決める要因の一つです。一般的に、トラックの年式が新しいほど価格は高く、古いほど価格は低くなります。これは、新しい年式のトラックが最新の技術や装備を取り入れている可能性が高いため、性能や安全性が向上していると期待されるからです。

また、新しい年式のトラックは使用年数が少ないため、劣化や故障のリスクが低いと見られます。反対に、古い年式のトラックは部品の摩耗や老朽化が進んでいる可能性が高く、メンテナンスや修理が必要になる確率も高まります。

しかし、古い年式のトラックには独自の魅力や需要も存在します。例えば、古いモデルのデザインや希少性を求める人もいれば、予算を抑えてトラックを手に入れたい事業者もいます。このように、年式も中古トラックの価格に大きな影響を与える要因の一つとして考えられるのです。

走行距離

走行距離も中古トラックの価格を左右する要因です。トラックの走行距離は、そのトラックがこれまでどれほどの負担を受けてきたかを示す指標として利用されます。一般的に、走行距離が長いとそのトラックの価格は下がり、短いと価格が上がる傾向にあります。

走行距離が長いということは、エンジンやトランスミッションなどの主要部品の摩耗が進んでいる可能性が高いため、将来的なトラブルのリスクが上がると考えられます。そのため、販売価格が下がるのは当然のことと言えるでしょう。

逆に、走行距離が短いトラックは、まだ多くの寿命が残っていると期待されるため、高価で取引されることが多いです。しかし、走行距離だけを見てトラックの状態を判断するのは難しく、定期的なメンテナンスや適切な管理が行われていれば、走行距離が長くてもまだ活躍できるトラックは多いです。

状態

トラックの外見や内装のキズ、凹み、汚れや錆、エンジンやブレーキ、サスペンションなどの状態も、価格に大きく影響する要因の一つです。特にエンジンの動作や排気の状態、ブレーキの効き、電気系統の作動など、重要な機能部分の状態が良好であると、価格が高くなることが一般的です。

反対に、大きなキズや凹みがあり、修理や交換が必要な場合は、それに伴う修理費用を考慮して価格が下がる傾向にあります。また、内装の清潔さやシートの状態、備品の完備度も価格に影響します。

しっかりとメンテナンスされている中古トラックは、購入希望者からの評価が高く、その結果、高価格で取引されることが多いです。

装備・カスタマイズ

装備やカスタマイズも中古トラックの価格を決定する際の要因として挙げられます。トラックに搭載されている高度な装備やオプション、特別な仕様が加わることで、その価値は一般的なモデルと比べて高まります。

例えば、安全装備、ナビゲーションシステム、バックモニターや周辺センサーなどは購入希望者からの評価が高く、価格にプラスの影響を与える要素となります。一方で、独自のカスタマイズが施されたトラックは、そのカスタマイズが一般的な需要と合致するかどうかで価格が変動します。

過度なカスタマイズや品質が低いカスタマイズは、むしろ価格を下げる要因となることがあります。

需要と供給のバランス

中古トラックの価格は、基本的な経済の原理である「需要と供給のバランス」にも大きく影響されます。一般的に、ある特定のメーカーやモデルのトラックに対する需要が高く、それに対して市場上の供給量が限られている場合、価格は上昇します。

これは、多くの購入希望者が限られた数のトラックを求めるため、競争が激しくなるためです。逆に、供給が過剰で需要がそれほど高くない場合、価格は下落する傾向があります。この時、販売者は多くの在庫を早く売り払いたいと考えるため、値下げして販売を促進することが一般的です。

さらに、季節や経済状況、あるいは特定のイベントや法律の変更など、外部の要因によっても需要と供給のバランスは変動します。例えば、新車トラックの納車遅れなどが発生している場合には、納期の短い中古トラックの需要が高まり、それに伴って価格も高騰します。

中古トラックの購入方法を比較

中古トラックの購入を検討する際には、さまざまな方法が考えられますが、主な方法として「中古トラック専門店」「トラックメーカー」「ネットオークション」が挙げられます。

それぞれの購入方法には特徴があります。その特徴や利点、考慮点を見ていくことで、ニーズや予算、使用目的に合った中古トラックを見つけることができます。

中古トラック専門店

中古トラック専門店は、多くのトラックドライバーやビジネスオーナーにとって、中古トラックの購入の際の主な選択肢の一つです。トラック専門店は、その名の通り、トラックに特化していて、多種多様なモデルやタイプの中古トラックを取り扱っています。

こうした店舗は、中古トラックの品質やメンテナンス状態についての深い知識を持つスタッフが在籍しているため、購入希望者は専門的なアドバイスや情報を受けることができます。

また、中古トラック専門店は、独自の品質基準を持ち、それに基づいてトラックを点検・整備してから販売している場合が多いです。

これにより、購入者は安心してトラックを手に入れることができます。さらに、専門店では、購入後のアフターサービスや保証も提供されることが一般的であり、何か問題が発生した際のサポートも期待できます。

トラックメーカー

いすゞ自動車や日野自動車、三菱ふそう、UDトラックスなどのトラックメーカーは、新車の販売だけでなく、中古トラックの取り扱いも行っています。これらの中古車は、メーカーの厳格な基準に基づいて検査や整備が行われており、購入者は品質や性能に対する高い信頼性を享受できます。

トラックメーカーからの購入の大きな利点は、その品質保証の確実性です。メーカーが直接提供する中古トラックは、独自の技術と知識で整備されているため、長期間の安定した性能が期待できます。また、メーカーならではのアフターサービスや部品の供給もしっかりとサポートされます。

一方、トラックメーカーでの中古車購入は、専門店や一般の中古車市場と比べて価格が高めに設定されていることがあるため、予算面での検討が必要です。

ネットオークション

ネットオークションを通じての中古トラック購入は、その低価格での取得が魅力となっています。多数の出品者が参加するオークションサイト上では、市場価格よりも安く中古トラックを手に入れるチャンスが増えるため、経済的に魅力を感じる方も少なくありません。

しかし、その一方で、現車を直接確認できないというデメリットが伴います。この点は特に品質や安全性を確認する上で大きなリスクとなり得ます。オークションの性質上、詳細な情報や実際の状態を完全に把握することが難しく、後から問題が発覚した場合の対応も限定的となることが多いです。

そのため、安全性や信頼性を最優先に考える場合、ネットオークションでの中古トラック購入は慎重に検討し、避ける方が賢明といえるでしょう。

激安中古トラックの特徴・デメリット

できる限り安い金額で中古トラックを購入したいという思いは、多くの方がお持ちかと思います。そのため激安の中古トラックに興味を持つ場合もあるでしょう。

しかし、激安中古トラックには、その価格を下げるための背景や特定の理由が隠れていることが多いです。

したがって、非常に低価格で出されている中古トラックを選択肢として検討する際には、十分な調査と注意が必要です。何より安さの背後にある事情や理由を正確に把握することが大切です。

激安中古トラックの特徴やデメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

年式が古い

激安で提供される中古トラックには多くの特徴がありますが、その中でも「年式が古い」という点は顕著な特徴の一つです。年式が古いトラックは、燃費効率や安全性能、運転の快適性などに劣ることが考えられます。また、長い使用年数の結果、機械的な故障や部品の摩耗が進行している可能性が高まります。

これらの要因により、保守・メンテナンスコストが増加するリスクも無視できません。さらに、年式が古い中古トラックは、部品の入手が難しくなる場合もあるため、修理やメンテナンス時に手間やコストがかかることも予想されます。

したがって初期投資は安く済むかもしれませんが、長期的な視点で見ると、その後の維持コストや潜在的なリスクを考慮する必要があります。

走行距離が長い

走行距離が長いトラックは、その分だけエンジンやトランスミッション、ブレーキなどの主要部品が使用されてきたことを示しています。このようなトラックは、摩耗や劣化が進行している可能性が高く、予期しない故障やトラブルが発生するリスクが増加します。

特に、重要な部品の交換が必要となる場合、修理費用がかさむことも考えられます。さらに、長距離を走行したトラックは、シャーシや車体にも摩耗やサビの進行が見られることが多いです。

事故歴・修復歴がある

激安の中古トラックには、事故歴・修復歴があるものも少なくありません。事故歴・修復歴とは、過去に事故や大きな故障が発生し、その後修復されたトラックを指します。このようなトラックは価格が低く設定されることが多いのですが、購入時に注意が必要です。

事故歴・修復歴があるということは、そのトラックが一度は大きなダメージを受けた経緯があることを示しており、その後の品質や耐久性に疑問符がつくことも。

特に、修復が専門の業者によって適切に行われたかどうかも重要であり、不適切な修復が行われていると、今後の運用中に予期せぬ問題が発生するリスクが増えます。また、事故歴があるトラックの場合、将来的な販売や下取りの際にもその履歴が評価を下げる要因となり得ます。

整備・メンテナンスが必要

激安の中古トラックの特徴として整備・メンテナンスが必要なケースも多いです。購入直後にすぐに運用したくても、適切な整備が行われるまで待つ必要があり、それに伴う時間のロスや追加の費用が発生する可能性が高まります。

さらに、適切な整備やメンテナンスを怠ってしまうと、トラックの寿命を大幅に縮めるリスクがありますし、最悪の場合、安全に関する問題や事故の原因となる可能性も考えられます。

このような背景を踏まえると、激安の中古トラックに目をつける前に、そのトラックが適切な整備状態にあるのか、また、整備が必要な場合のコストや時間をきちんと把握することが重要になります。

中古トラック購入時のポイント・留意点

ここからは中古トラックを購入する時のポイントや留意点について解説していきます。

ネットを活用して情報収集する

中古トラック購入の際のポイントとして、ネットを駆使して幅広い情報収集を行うことが挙げられます。インターネットは、情報を手軽に入手するための強力なツールで、中古トラックの在庫、詳細なスペック、価格などの情報を簡単に取得することができます。

購入を検討している場合には、まずネット上で気に入った中古トラックをピックアップし、それらの車両を基に比較検討を始めるのが良いアプローチと言えます。

その過程で、各車両の特長や条件、そして価格をしっかりと確認し、自身のニーズや予算に合った最適な選択をすることが求められます。

必ず現車確認をする

中古トラックを購入する際の大切なポイントとして、必ず現車確認を行うことが挙げられます。写真や情報だけでは判断しきれない実際の車体の状態や感触、エンジンの音など、実際に現地で確かめることで初めて分かる要素が数多く存在します。

中古車という性質上、使用歴や経年変化による細かな傷や劣化、内部の状態など、見落としがちな部分をしっかりとチェックすることが、後のトラブルを防ぐ上で非常に重要です。

そのため、どれだけネットで情報を収集しても、最終的な購入判断前には現車を確認し、自身の目でしっかりと評価することが必要不可欠です。

【現車確認の際のチェックポイント】
・大きな傷や凹みの有無
・シートの破れや汚れ、操作パネルの動作
・オイル漏れ、異音の有無やバッテリーの状態
・タイヤの溝、偏摩耗
・エアコン、ウィンドウなどの動作
・車検証、修理・整備の記録、事故歴の有無など

信頼できる販売店を選ぶ

中古トラックを購入する際には、信頼できる販売店を選ぶことも重要になります。優良な販売店は、独自の品質基準を持っており、この基準に基づいてトラックの点検や整備を行った上で販売しています。このような業者から購入することで、安心して使用できるトラックを手に入れることができるのです。

また、購入後のアフターサービスや保証も提供されることが一般的で、もしトラックに何か問題が発生した場合でも、迅速かつ適切なサポートを受けられることが期待できます。したがって、中古トラックを選ぶ際には、販売店の信頼性やサービス内容をしっかりと確認することが大切です。

契約書にしっかりと目を通す

中古トラックの購入を決めて契約を結ぶ際、契約書にしっかりと目を通すことも欠かせません。売買契約書には、購入する車両の詳細情報、価格、保証期間などの重要な内容が正確に明記されているはずです。

特に注意深く確認するべきなのは、保証に関する部分です。故障やトラブルが起きた場合の保証範囲やその期間が、明確かつ適切に記されているかどうかをチェックしましょう。

さらに、契約のキャンセル条件や、購入後に追加で発生する可能性のある費用に関する記述も、念入りに読むことが大切です。何か契約内容で理解しきれない部分や、不明瞭な点、疑問点が生じた場合には、遠慮なく業者に問い合わせて確認を取るようにしましょう。

契約内容をしっかりと把握し、納得の上で契約を進めることが、後々のトラブルや後悔を避ける鍵となります。

中古トラックを購入するなら「トラックランド」

中古トラックの購入を検討している場合にはトラックランドがおすすめです。トラックランドの特徴や品質管理、購入の流れについて紹介します。

特徴

「トラックランド」は、安全かつコストパフォーマンスの高い車両の提供を目指している中古トラックの販売店です。その品揃えは、大型から小・中型、トレーラー、ダンプ、クレーン車、バンタイプの商用車と幅広く、もし在庫がない場合でも、お客様の要望に応じて探すことも可能です。

さらに「トラックランドグループ」の強みとして、購入から納車までの一連の流れ、つまり諸手続きや架装、板金、車検整備、さらに陸送までをワンストップで提供しています。

中古トラックの購入の大きな魅力は、その価格の手頃さにありますが、品質が保証されなければ、ビジネスでの活用は難しくなります。そこでトラックランドは、仕入れの段階からきめ細かい車両チェックを行い、入庫する段階でも整備資格を持つ専門家による確認をおこなっています。

そして、販売する車両はしっかりと清掃し、お客様の要望に応じて架装や整備、板金作業も施して納車いたします。

また、トラックランドの大きな特徴として、日本全国のユーザーから直接車両を買い取ることで、余計なコストを削減している点が挙げられます。

これらによって、コスト面や納車日程など、お客様の様々な要望に効率よく応えることができるのです。このような仕入れの強みとグループ会社の連携を活かしたマルチサービスにより、お客様にとって魅力的な中古トラックの購入を実現しています。

品質管理について

トラックランドでは独自の品質管理基準を設定し、質の高い中古トラックをお客様に提供しています。

【仕入れから出庫までのプロセス】

入庫した車両は、整備士資格を持つスタッフによって徹底的にチェックされます。架装の動作、車両の細部のキズ、エアコンやエンジン、ラジエーター、オイルの状態など、隅々まで確認しています。

その後、更に詳細なチェック項目が設定されており、ミッション、オイル、フレーム、走行関係のハンドルの遊び、上物関係、そしてタイヤの残量などをチェックします。

車両の状態を確認した後は、架装や板金、整備が必要であれば、熟練した整備士がこれを行います。この過程で、車両の状態や性能を最適化し、お客様に安心して使用してもらえるようにします。

最終段階として出庫準備が行われます。車両の清掃やボディの洗浄をし、看板の名前消しや出庫前の最終チェックを実施します。そして、陸送のドライバーへの引き継ぎが行われ、車両は出庫の準備が整います。

これらの一連のプロセスを通じて、トラックランドはお客様に安心・安全・高品質な車両を提供しています。

購入の流れ

トラック購入の初めのステップは、希望の車両を見つけることから始まります。トラックランドのページ内の「トラックを探す」というページから、カテゴリーや検索ワードを使って目的のトラックを探します。もし目当てのトラックが見つからなかった場合も、販売店に直接ご連絡いただければ、用途や目的、予算などの要望に合わせた適切な中古トラックを提案いたします。

現車確認後に選定されたトラックの詳細なお見積もりを提示します。この見積もりには、車両代金だけでなく、購入時や定期的にかかる税金やその他の諸費用も含まれています。

具体的には、購入時の自動車取得税や消費税、さらに定期的に支払う自動車重量税や軽自動車税、そしてその他に自賠責保険料や陸運事務局の登録費用、車庫証明費用、法廷預かり費用などが挙げられます。

お見積もりの確認後、購入に関する正式な契約手続きが行われます。支払い方法としては、現金一括払い、ローン、リースのいずれかを選ぶことができ、特にローンやリースを希望する場合は、その詳細を詳しくご説明いたします。支払いが確認された時点で、車両の登録などの手続きが進行します。

最終ステップとして、車両の受け渡しが行われ、直接引き取るか、販売店からの陸送を選択することができます。

中古トラックを探している方へ

中古トラックの価格は、そのサイズやタイプによって大きく異なります。特に大型トラックは、耐久性や積載量が魅力的であるため、価格が比較的高めに設定されています。一方、中型や小型のトラックは、都市部での利用や狭い場所での作業に適しているため、比較的手頃な価格での取引が活発に行われています。

専門的な用途に使われる車両は、その需要や供給のバランスにより、価格が大きく変動することもあります。

激安の中古トラックに興味を持っている場合には注意が必要です。年式が古い、走行距離が長い、修復歴があるなど、価格が安い理由をしっかりと確認することが大切です。実際に、整備が必要な車両が多く存在し、そのためのコストが発生することも考えられます。

中古トラックを購入を検討する際には、ネットでの情報収集や気になる中古トラックの現車確認を行い、信頼できる販売店を選ぶことが求められます。

アフターサービスや保証を提供する販売店を選べば、購入後の安心感も得られるでしょう。

中古トラックを探している場合には、ぜひトラックランドをチェックしてみてください。

【小型】中古トラックをお探しなら!選び方や留意点も紹介前のページ

有限会社カラーズ 代表取締役 宗像 瑞紗氏次のページ

カテゴリー

月刊トラックランド本誌の定期購読ご希望の方はこちら
月刊トラックランド本誌バックナンバー
働くクルマの総合サイトトラックランド
PAGE TOP